【ユニコーンSの回顧】カフェファラオ 圧巻の勝利で勢力図を塗り替える存在へ

   2020/06/25

こんばんわ、ウキョーです。
ユニコーンSのカフェファラオには脱帽しました。デュードヴァンの逆転に期待したのですが、まったく太刀打ちできませんでした。
時計がかかったときに同じようなレースができるのか未知数ですが、ダート大好きな私からすると、今後が非常に楽しみな一頭です。

各開催場の馬場差

6月20日(土)
   東京 芝 -0.7
   東京ダート -1.6
   阪神 芝 -0.9
   阪神ダート -1.1
   函館 芝 -2.4
   函館ダート -0.4
6月21日(日)
   東京 芝 -0.2
   東京ダート -1.0
   阪神 芝 -1.4
   阪神ダート +0.2
   函館 芝 -2.5
   函館ダート +0.1

※馬場差:当日の全レースを対象にしたタイム差。マイナスなら時計の速い馬場、プラスなら時計のかかる馬場。

先週の東京は、芝は土曜は速いコンディションを保ったが、日曜になって若干時計がかかり出した。ダートは、両日ともに時計が速かった。

阪神は、芝の時計は土日ともに速かったが、ダートは土曜が速かったものの、日曜になって突然時計がかかっていた。

函館は、相変わらず芝の時計が抜群に速い。ただ、ダートは時計がかかっていた。

カフェファラオ 圧巻の勝利で勢力図を塗り替える存在へ/ユニコーンS

2020年ユニコーンS

馬場差-1.0で、レースタイム差-2.1。

日曜の東京ダートは時計が速かったが、それにしてもユニコーンSのレースタイム差-2.1は掛け値なしに速い。

逃げた○レッチェバロックのペースは、前半800m46.1秒-後半800m48.8秒のハイペース。
かなりのハイラップで、これでは先行勢に出る幕はない。

ところが、×カフェファラオは2番手追走から、残り300mくらいで仕掛けると、一気にスピードに乗ると後続に5馬身差の圧勝。
しかも、ラスト3Fが12.1秒-12.2秒-12.2秒とまったくスピードが落ちていない。これは特筆ものである。
2000年以降、これだけのハイペースで、ラストをこの速さでまとめたのは、2000年武蔵野Sを勝ったクロフネだけ。同等の記録を上げてもわずか8頭しかおらず、中にはナリタハヤブサ(フェブラリーH)、ノンコノユメ(武蔵野S)、モーニン(フェブラリーS)といったダートの猛者たちが含まれる。

そんな記録に、3歳のこの時期に到達してしまうのだから、×カフェファラオの能力は計り知れない。
今後のダート戦線の勢力図を塗り替えるのはもちろん、日本のダート界すらひっくり返す逸材かもしれない。

◎デュードヴァンは、ほぼ最後方から上がり最速35.5秒を繰り出し、2着確保。その時計も1.35.7で、例年なら勝っていてもおかしくない時計である。
今回は、ただただ相手が悪かった。




力の違いをまざまざ見せつけたダイアトニック/函館SS

2020年函館SS

馬場差-2.5で、レースタイム差-1.8。

日曜の函館芝はかなり時計が速く、函館SSもレースタイムS差-1.8の高速決着となった。

逃げた×ダイメイフジのペースは、前半600m33.4秒-後半600m34.1秒の平均やや速めのペース。これで、ラスト2Fが11.1秒-11.8秒だから、後方からでは届かない。

勝った◎ダイアトニックは、発馬も良く難なく2番手を取ると、そのまま×ダイメイフジを見ながら、直線仕掛けるとあっという間にスピードに乗り、後続に2馬身つける完勝。
しかも58キロを背負ってのもので、ここでは役者が違った。

2着×ダイメイフジは、ダートからの転戦で2着確保。ダート2戦目で結果を出したように、芝替わりやダート替わりが刺激になるタイプ。続戦で結果を出し続けるタイプではないが、今回のようなローテーションでは、いつでも注意したい。

2番人気ライトオンキューは、直線伸びずにコンマ6秒差の6着。
相手を◎ダイアトニック一本に絞ったかのようなレースだったが、完敗という結果に。これが休み明けの分なら良いのだが、そうでなければ、今後の重賞戦線で正攻法では勝機がない。

次走の注目馬・ダイワメモリー(多摩川S・東京芝1400m)

ダイワメモリー

日曜の東京芝は、後半レースから時計がかかり出し、多摩川Sもレースタイム差+1.0の遅い決着となった。
実際、勝ったレッドレグナントがスピードランク8位で、2着レノーアが同13位、3着クラヴィスオレアが同10位である。
スピードランク1位だったミュージアムヒルは、2番人気に押されたものの11着に惨敗した。

そんな中、スピードランク3位のダイワメモリーは、コンマ2秒差の6着に踏みとどまった。2番手追走から、ラスト3F34.3秒に失速したのは、時計がかかった馬場のせいだろう。

これなら、時計が速くなるコースに替われば、巻き返しが期待できる。






競馬ランキング応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA