メイショウスザンナが人気にならないといいなぁ【ターコイズSの分析】

 

こんばんわ、ウキョーです。
今週は朝日杯FSがあるのですが、2歳戦はデータ不足で分析できなかったので、土曜日の中山で行わるターコイズSの分析をしました。

中山芝1600mの傾向

有利枠 3枠・5枠・7枠・8枠
不利枠 1枠・4枠・6枠
脚  質 逃げ・差し
騎  手 3割超え
人  気 戸崎騎手
人気薄 田辺騎手・柴田大騎手

 

予想優先順位
1位 戦績 2位 タイム 3位 コース特性 4位 展開 5位 騎手

中山芝1600mは、時計がかかるコースで、それほどスピード能力は問われない
開幕から時計がかかっているので、今週もそれほど時計は速くならないだろう。

有利枠は3枠、5枠、7枠、8枠で、不利枠は1枠、4枠、6枠

逃げ・差しに有利なコースで、先行馬はゴール前で脚が上がることが多い。

連対率3割を超える騎手はベリー騎手だが、今回は来日していない。
人気で安定しているのは戸崎騎手(シングウィズジョイ騎乗予定)
人気薄なら田辺騎手(カフェブリリアント騎乗予定)か、柴田大騎手(ノットフォーマル騎乗予定)
 

ターコイズSで人気、話題になりそうな馬

アルマディヴァン  評価:C
戦績のトータルは「-5」で、出走登録馬中16位とまったく走れていない。
アルマディヴァンは、相性の良いコースのトータル成績が【1 0 0 3】で強調できないばかりか、相性の悪いコースで【2 2 0 1】と好走ばかりで、中山マイルにはっきり向いていない。時計が速すぎるとついていけないので、そこそこ時計がかかる中山芝1600mはタイム面では合っている。騎乗予定の横山典騎手は、人気薄に乗って連対率を上げるので、当日の人気には注意。

カフェブリリアント  評価:D
戦績のトータルは「-3」で、出走登録馬中14位とまったく走れていない。
カフェブリリアントは、相性の良いコースのレースキャリアがなく、相性が悪いコースで【1 1 2 1】と好走歴が多く、トータルでマイナス。時計は速い方が良いタイプで、本質的に中山マイルは合わないが、騎乗予定の田辺騎手がコースを得意にしているので、有利枠を引ければ連対圏なら。

キャットコイン  評価:B
戦績のトータルは「+2」で、出走登録馬中4位とかなりのアドバンテージ。
キャットコインは、相性の良いコースでは1戦しかしていないが、それがひいらぎ賞(中山芝1600m)の完勝。前走の秋華賞は16着に惨敗したが、相性の悪いコースなので今回に限っては気にしなくていい。ただ、時計は速い方が良いタイプなので、時計面では中山マイルには向かない。騎乗予定の柴田善騎手がコースを得意にしているので、有利枠を引ければタイム項目は相殺できる。

ケイアイエレガント  評価:A
戦績のトータルは「+2」で、出走登録馬中4位とかなりのアドバンテージ。
ケイアイエレガントは、相性の良いコースのトータル成績が【2 1 1 5】で、掲示板を外したのは2回だけ。時計が速すぎると甘くなるので、時計がかかりやすい中山芝1600mは合っている。騎乗予定の吉田豊騎手がランク外なので、有利枠はほしいところ。使い詰めると良くないタイプなので、今秋3戦目の今回がおそらく狙えるのは最後となりそう。

ディープジュエリー  評価:D
戦績のトータルは「-2」で、出走登録馬中12位とまったく走れていない。
ディープジュエリーは、相性の良いコースのレースキャリアがなく、相性が悪いコースで【3 0 0 1】と好走してしまっており、トータルではマイナス材料。時計はかかった方が良いタイプなのだが、ディープジュエリーにとっては中山マイルのタイムでは、まだまだ速い。軽ハンデとはいえ、騎乗予定の柴山騎手もランク外で、有利枠を引いても今回は厳しそう。

ノボリディアーナ  評価:B
戦績のトータルは「+1」で、戦績項目は出走馬中6位と可もなく不可もなし。
ノボリディアーナは、相性の良いコースで【1 1 0 1】と、掲示板を外したことはない。ただ、3走前の小倉日経OP(小倉芝1800m)と、全走の府中牝馬S(東京芝1800m)が相性の悪いコースで、そこで好走しているのはマイナス材料。それでも、時計はある程度かかった方が良いので、その点で中山マイルはピッタリなはずで、3走前と前々走の好走が本格化であれば、ここでも上位を窺える。

レッドセシリア  評価:C
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中6位と可もなく不可もなし。
レッドセシリアは、相性の良いコースのレースキャリアが1戦しかない。それが、前々走のレインボーS(中山芝2000m)の2着だが、準オープンのレースなだけに、できれば勝っていてほしかった。ただ、時計はかかった方が良いので、中山マイルで牝馬限定戦、52キロの軽ハンデなら通用してもおかしくない。騎乗予定の三浦騎手がランク外なので、有利枠はぜひとも欲しい。

レッドリヴェール  評価:B
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中6位と可もなく不可もなし。
レッドリヴェールは、相性の良いコースで走ったことがなく、相性の悪いコースで【1 0 0 2】と評価が微妙なところ。そこそこ時計がかかる馬場が得意なタイプで、中山芝1600mへのコース替わりはアドバンテージ。騎乗予定の内田博騎手がコースを得意にしており、有利枠を引ければ連対圏は十分。
 

ターコイズSの注目馬はメイショウスザンナ

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、メイショウスザンナケイアイエレガントの2頭だけ。

メイショウスザンナは、相性の良いコースで【2 0 2 6】とイマイチなのだが、相性の悪いコースで【0 0 0 6】とまったく走れておらず、相性の良いコースでの2勝がアドバンテージになる。

時計はある程度かかった方が良いので、中山マイルへのコース替わりは有利。

騎乗予定の松田騎手がランク外だが、有利枠を引ければ本命級。
 
 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA