【ヴィクトリアマイル】ビーチサンバ 有利枠からポジション取れれば連対圏

 

こんばんわ、ウキョーです。
土曜日の東京芝は、雨が降っても時計は速いままでした。的外れな予想で、京王杯SCはかすりもしませんでした。
さて、ヴィクトリアマイルも時計は速いままでしょう。ここは時計勝負に強いタイプが狙い目でしょうか。ちなみに、アーモンドアイはスピードランク7位で、ラヴズオンリーユーはスピードランク6位です。

東京芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ラヴズオンリーユー
2 ビーチサンバ
2
3 シャドウディーヴァ ×
4 シゲルピンクダイヤ
3
5 プリモシーン
6 トーセンブレス × ×
4
7 ダノンファンタジー
8 ディメンシオン
5
9 セラピア
10 メジェールスー × × ×
6
11 サトノガーネット × ×
12 アーモンドアイ
7
13 トロワゼトワル
14 スカーレットカラー ×
15 アルーシャ
8
16 ノームコア
17 コントラチェック
18 サウンドキアラ ×

【軸推奨馬】
◎ 2番ビーチサンバ
○12番アーモンドアイ
▲16番ノームコア
△17番コントラチェック
×15番アルーシャ

◎ビーチサンバは、相性の良いコースで【0 3 0 0】と、勝鞍はないものの安定はしている。また、相性の悪い京都牝馬Sで5着に負けての臨戦過程は好感が持てる。いまだ1勝馬なのでスピードランクは上がらないが、レースタイム差-2.0のローズSが2着なら、多少時計が速くなっても問題ないだろう。今回はポジションを取りに行く作戦のようで、有利枠を引けたのはアドバンテージ。

○アーモンドアイは、今さら言うまでもなく現役屈指の実力馬で、牝馬限定戦のここは明らかに格上。時計勝負になろうが、消耗戦になろうが、瞬発力勝負になろうが力は一枚上だろう。そうは言っても、やっぱり惨敗の有馬記念以来、ドバイへのカラ輸送となると不安が先に立つ。人気と天秤をかけると、対抗に留めておく。

▲ノームコアは、昨年のヴィクトリアマイルをレースタイム差-2.4の超高速決着で勝っているように、時計が速くなればなるほどアドバンテージ。ただ、東京マイルは1200m戦からの臨戦過程が弱材料になるコースなので、高松宮記念を挟んだローテーションには首をひねらざるを得ない。

△コントラチェックは、とにかく時計が速くなってほしい。×アルーシャは、ハイペースの大混戦になったときの連対候補。

京都メインの栗東Sの予想はこちら→(◎7番マルカソレイユ)
新潟メインの八海山Sの予想はこちら→(◎6番シアーライン)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA