ステルヴィオ 前走の逆転を狙う力量上位【朝日FSの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
中山芝コースは、先週から時計がかかり始めています。中山芝1600mはそもそも時計がかかるコースなので、時計勝負に強いタイプより時計がかかって良いタイプの方が狙い目です。

 
中山芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ダノンプレミアム ×
2 フロンティア × ×
2
3 タワーオブロンドン ×
4 ライトオンキュー
3
5 ケイアイノーテック
6 アサクサゲンキ
4
7 ヒシコスマー × ×
8 ファストアプローチ
5
9 ムスコローソ
10 ステルヴィオ
6
11 カシアス
12 ダノンスマッシュ ×
7
13 アイアンクロー × ×
14 ダブルシャープ ×
8
15 ケイティクレバー × × ×
16 イシマツ ×

【軸推奨馬】
◎10番ステルヴィオ
○ 1番ダノンプレミアム
▲ 8番ファストアプローチ
△ 3番タワーオブロンドン
×11番カシアス

◎ステルヴィオは、前々走のコスモス賞(札幌芝1800m)をレースタイム差+0.5で勝った後、次のサウジアラビアRC(東京芝1600m)がレースタイム差-1.6で2着と、一気に時計を詰めた成長力は魅力。また、そのサウジアラビアRCで600m通過34.3秒-800m通過46.1秒のハイペースを経験できたことも心強い。前走は位置を取りに行けなかったので、すんなりポジションを取れれば逆転は可能。

○ダノンプレミアムは、デビュー戦(阪神芝1800m)がレースタイム差-0.6で、前走のサウジアラビアRC(東京芝1600m)がレースタイム差-1.6と、今回のスピードランク3位とアドバンテージは高い。デビュー戦が相性の悪いコースだったので、コース得意の鞍上川田騎手の手綱さばきが重要になりそう。

▲ファストアプローチは、今回のスピードランク1位と出走馬中で最大のアドバンテージ。未勝利(札幌芝1500m)を、100m通過から11.5秒-11.3秒-11.7秒のハイペースをレースタイム差-1.7で勝ち上がっており、ここでも完成度の高さは上位。スローの瞬発力勝負となった前走の芙蓉S(中山芝2000m)では切れ負けしているように、ペースが上がりそうな今回は上位争い必至。

△タワーオブロンドンは、なるべく時計がかかってほしい。×カシアスは、逆に時計が速くなって連対圏。
 



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA