【桜花賞】レッツゴードンキ、クイーンズリング、クルミナル

   2015/08/10

明日はいよいよ桜花賞!
今年の3歳馬のレベルが高いかどうかはわかりませんが、無敗馬が3頭もいますから楽しみです。

阪神芝1600mのコースデータはこちら→

【予想優先順位】
1.展開
2.タイム
3.コース特性
4.戦績
5.騎手

【1.展開】
 8番ルージュバック
13番クイーンズリング
 6番レッツゴードンキ
16番メイショウメイゲツ
 7番クルミナル

【2.タイム】
12番ローデッド
 4番トーセンラーク
 6番レッツゴードンキ
14番テンダリーヴォイス
13番クイーンズリング

マイナスポイント
→18番クールホタルビ
→ 2番ムーンエクスプレス
→10番アースライズ

【3.コース特性】
 8番ルージュバック
11番キャットコイン
 9番アンドリエッテ
 7番クルミナル
12番ローデッド

マイナスポイント
→16番メイショウメイゲツ
→17番レオパルディナ
→14番テンダリーヴォイス

【4.戦績】
 6番レッツゴードンキ
 3番ノットフォーマル
15番ココロノアイ
 9番アンドリエッテ
11番キャットコイン

マイナスポイント
→ 2番ムーンエクスプレス
→17番レオパルディナ
→12番ローデッド

【5.騎手】
13番クイーンズリング
 7番クルミナル
 6番レッツゴードンキ
17番レオパルディナ
 9番アンドリエッテ

マイナスポイント
→16番メイショウメイゲツ

【軸推奨馬】
◎ 6番レッツゴードンキ
〇13番クイーンズリング
▲ 7番クルミナル
△ 8番ルージュバック
×11番キャットコイン

◎レッツゴードンキは、浅いキャリアの中で相性の良いコースで【1 1 2 0】と安定感がある。時計勝負に対応できるスピードもあるが、このメンバーに入ると若干スピード不足。だが、今の阪神コースでは、それがアドバンテージになる。鞍上はコース得意の岩田騎手で、陣営は「負ける気がしない」と超強気。

〇クイーンズリングは、3連勝中の3頭の中でもっとも時計がかかる馬場に向いており、今の阪神マイルに向いている。とはいえ、本質的には速い馬場でこそのタイプなので、対抗に落とした。鞍上のM・デムーロ騎手は、コース連対率3割を超えるただ一人のジョッキーで、これ以上の心強いパートナーはいない。

▲クルミナルは、有利枠を引いて、コース得意の池添騎手が鞍上なら展開も向いてくる。時計は速い方が良いタイプなので、今の阪神マイルが向いているとはいえないが、それを差し引いてもその他の項目のアドバンテージは高い。

△ルージュバックは、とにかく時計が速くなってほしいので、馬場の回復が好走の絶対条件。×キャットコインも、なるべく時計が速くなってほしい。

福島メインの福島民報杯の予想はこちら→
中山メインの春雷Sの予想はこちら→

 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA