【予想】サラキア 得意の夏競馬で初重賞制覇のチャンス到来【関屋記念の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
フルゲートなった関屋記念は、重賞馬が4頭しかいませんが、どこからでも狙えそうな混戦模様です。
ここは、夏になると一気に調子を上げてくるサラキアが本命になりました。

新潟芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 マイネルアウラート × × ×
2 ヤングマンパワー ×
2
3 ケイデンスコール
4 オールフォーラヴ ×
3
5 サラキア
6 ソーグリッタリング
4
7 ロードクエスト ×
8 エントシャイデン ×
5
9 ディメンシオン
10 ロシュフォール
6
11 リライアブルエース × ×
12 フローレスマジック ×
7
13 ミッキーグローリー
14 ミエノサクシード
15 ファストアプローチ
8
16 サンマルティンル
17 ハーレムライン ×
18 トミケンキルカス

【軸推奨馬】
◎ 5番サラキア
○ 6番ソーグリッタリング
▲ 9番ディメンシオン
△10番ロシュフォール
× 2番ヤングマンパワー

◎サラキアは、相性の良いコースのトータル成績が【0 3 0 2】で勝鞍はないものの、掲示板を外したことは一度もない。馬券圏外の2回も、フローラS4着、ローズS4着なら実績は問題ない。昨夏の青島特別(小倉芝1700m)で驚異的なタイムで完勝しており、夏場になると一気に調子を上げるタイプで、ここは重賞初制覇のチャンス。

○ソーグリッタリングは、前々走の都大路S(京都芝1600m)をレースタイム差-1.6で完勝しているように、時計が速くなった方が良いタイプで、時計が速くなる新潟マイルは合っている。今回は多頭数とはいえ、それほどペースは上がらなそうなメンバー構成で、上がり勝負なら切れ味が増す。

▲ディメンシオンは、相性の良いコースで【3 1 0 1】の安定感で、掲示板を外したのは重馬場だった3歳時の500万下戦(阪神芝2000m)9着だけ。時計が速くなるならアドバンテージ。コース得意の戸崎騎手に乗り替わり、叩き2戦目で好勝負必至。

△ロシュフォールは、とにかく時計が速くなってほしい。×ヤングマンパワーは、不利枠を克服できれば。

小倉メインの博多Sの予想はこちら→(◎8番ラテュロス)
札幌メインのエルムSの予想はこちら→(◎2番テーオーエナジー)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA