レース予想 PR

【幕張S 2024の予想】ホウオウラスカーズ 絶好調の今なら現級突破も見えた

幕張Sの予想
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんばんわ、ウキョーです。

今週の中山競馬場はぐずついた天気で推移してきました。金曜正午の段階で、中山芝は稍重判定。明日までにどれだけ回復するかわかりませんが、パンパンの良馬場ではないでしょう。とはいえ開幕週なので、ある程度のスピードは要求されそうです。

スピードランク上位馬はスズハロームニシノライコウスプレモフレイバーベガリスディオスバリエンテです。

中山芝1600mのコースデータはこちら→

中山芝1600m
中山芝1600m中山芝1600mのコースデータを徹底攻略|有利枠・不利枠・騎手ランクを公開...

幕張S 2024
※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1スズハローム
2
2ニシノスーベニア××
3
3スプレモフレイバー×
4
4ベガリス×
5
5ニシノライコウ×
6
6ブランデーロック×
7ホウオウラスカーズ
7
8ニューノーマル
9センタースリール
8
10ドゥラモンド
11ディオスバリエンテ

【軸推奨馬】
◎ 7番ホウオウラスカーズ
○11番ディオスバリエンテ
▲ 1番スズハローム
△10番ドゥラモンド
× 8番ニューノーマル

◎ホウオウラスカーズは、相性の良いコースで【1 0 1 4】と強調できないが、相性の悪いコースで4敗しており、戦績項目ではプラスになる。前走の初音Sでは出遅れて厳しいレースを強いられたが、しっかり2着を確保しており、今の充実ぶりを物語っている。スピードランク6位で、少し時計がかかった方が良いのも好材料になりそうだ。

○ディオスバリエンテ、相性の良いコースのキャリアは少ないが、それでも【2 0 1 0】の安定感。陣営はずっと右回りの方が良いと言い続けているが、前走は左回りの節分Sで2着に好走。得意の右回りに変われば、さらに前進があっていい。ただ、重馬場が苦手なので、当日の馬場状態には気をつけたい。

▲スズハロームは、相性の良いコースのトータル成績が【2 0 0 1】で、掲示板を外したのは昇級初戦だった3歳時の若竹賞6着だけ。スピードランク1位なので、本質的に開幕週は得意なのだが、雨の影響が心配。とにかく時計が速くなってほしい。

△ドゥラモンドは、なるべく時計がかかってほしい。×ニューノーマルは、コース得意の菅原明騎手の手腕に期待。

阪神メインの仁川S 2024の予想はこちら→(◎16番アイコンテーラー)

仁川Sの予想
【仁川S 2024の予想】アイコンテーラー トップハンデは厳しいがリステッドなら力上位仁川S 2024の予想です。◎アイコンテーラー...

小倉メインの八代特別2024の予想はこちら→(◎13番テリオスマナ)

八代特別の予想
【八代特別2024の予想】テリオスマナ 時計がかかれば詰めの甘さも解消される八代特別2024の予想です。◎テリオスマナ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA