【アレキサンドライトS】メイクハッピー 休み明けでもダート替わりなら好勝負可能

 

こんばんわ、ウキョーです。
中山ダートは、金曜朝の段階で稍重です。ここからの降雨はなさそうですが、明日もそこまで回復するとは思えず、若干脚抜きの良い馬場になりそうです。
とはいえ、中山ダ1800mはそもそも時計がかかるコースなので、高速決着になるほど時計は速くならないでしょう。

中山ダ1800mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 シベリウス ×
2 フィードバック ×
2
3 リョウランヒーロー × ×
4 エムオーグリッタ
3
5 グラスブルース ×
6 フォースライン
4
7 カナシバリ
8 ブライトンロック ×
5
9 スターライトブルー ×
10 メイショウササユリ
6
11 メイクハッピー
12 アシャカトブ
7
13 テイエムチェロキー
14 リワードアンヴァル ×
8
15 フクサンローズ ×
16 バンブトンハート × ×

【軸推奨馬】
◎11番メイクハッピー
○ 4番エムオーグリッタ
▲13番テイエムチェロキー
△14番リワードアンヴァル
×10番メイショウササユリ

◎メイクハッピーは、レースタイム差+0.1のカトレア賞(東京ダ1600m)、同+0.7の檜山特別(函館ダ1700m)を勝っており、現状では時計がかかった方が良いので、本質的に中山ダ1800mは合っている。前走は初芝の重賞で足りなかったが、ダートに戻れば準オープンでも、時計がかかればやれるはず。コース得意の大野騎手が連続騎乗なのも心強い。

○エムオーグリッタは、準オープンに昇級してから安定した成績を残し、前2走は同コースの中山ダ1800mで3着、2着。そのいずれも、レースタイム差+1.0、+0.9と時計がかかったもので、高速決着にはなりにくい中山ダ1800mは合っている。今回も逃げにこだわる馬がおらず、有利枠を引いて逃げ切りまで視野に入る。

▲テイエムチェロキーは、ここまで31戦のキャリアを誇りながら、相性の良いコースでのレース経験がないという稀有な馬だが、相性の悪いコースで4連敗を喫しており、中山ダ1800mは走れるはず。時計が速くなると甘くなるタイプでもあり、時計がかかれば浮上してくる。

△リワードアンヴァルは、なるべく時計が速くなってほしい。×メイショウササユリは、逆に時計がかかって連対圏。

京都メインの石清水Sの予想はこちら→(◎5番グランドロワ)
小倉メインの響灘特別の予想はこちら→(◎6番レッドシルヴァーナ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA