サンライズメジャーの一発に期待【スワンSの分析】

 

こんばんわ、ウキョーです。
今日は、土曜日の京都で行われるスワンSの分析をします。

京都芝1400mの傾向

有利枠 3枠・4枠・7枠・8枠
不利枠 1枠・5枠・6枠
脚  質 逃げ・差し
騎  手 3割超え 武豊騎手
人  気 松田騎手・Mデムーロ騎手
人気薄 岩田騎手・浜中騎手

 

予想優先順位
1位 タイム 2位 コース特性 3位 戦績 4位 騎手 5位 展開

京都芝1400mは、本来はそれほど時計は速くならないが、先週のタイムを見る限り時計は相当に速くなりそう
時計勝負に対応できない馬たちは苦戦しそう。

有利枠は3枠、4枠、7枠、8枠で、不利枠は1枠、5枠、6枠

逃げ馬と差し馬に有利なコースで、意外と先行勢が残れない。

連対率3割を超える武豊騎手(騎乗予定なし)。
人気で安定しているのは松田騎手(テイエムタイホー騎乗予定)か、Mデムーロ騎手(フィエロ騎乗予定)
人気薄なら岩田騎手(オメガヴェンデッタ騎乗予定)と、浜中騎手(サトノルパン騎乗予定)

スワンSで人気、話題になりそうな馬

アルビアーノ  評価:C
戦績のトータルは「-2」で、出走登録馬中14位とまったく走れていない。
アルビアーノは、現状では時計がかかった方が良いタイプで、いまの京都は合わない。相性の良いコースでは【1 0 0 0】なのだが、相性の悪いコースで【1 1 0 0】と好走しており弱材料。騎乗予定の柴山騎手はコースキャリアが浅くてランク外なので、有利枠を引けても連下がいっぱい。

オメガヴェンデッタ  評価:C
戦績のトータルは「-1」で、出走登録馬中で12位とまったく走れていない。
オメガヴェンデッタは、タイムランクが出走登録馬中8位で、いつもの京都芝1400mなら買えるのだが、異常に速くなっている今の京都では厳しい。少しでも時計がかかってほしい。相性の良いコースで【0 0 1 2】とイマイチで、騎乗予定の岩田騎手がコースを得意にしているが、今回は苦戦必至。

コパノリチャード  評価:C
戦績のトータルは「+4」で、出走登録馬中6位とまずまずの評価。
コパノリチャードは、戦績項目に加点はないが、相性の良いコースで【3 0 0 1】の好成績。今回は、戦績項目の上位陣が凄まじいポイントを叩きだしているので加点されていないが、十分なアドバンテージといえる。ただ、時計勝負になると厳しいので、速すぎる今の京都は恨めしくて仕方ない。

サトノルパン  評価:C
戦績のトータルは「+3」で、出走登録馬中7位と可もなく不可もなし。
サトノルパンは、時計がかかった方が良いタイプで、いかにも今の京都芝1400mには向いていない。相性の良いコースのトータル成績は【1 0 1 0】とまずまず安定しているが、相性の悪いコースで【1 2 0 3】と相性の良いコースを上回っており弱材料。騎乗予定の浜中騎手がコースを得意にしているのが救いだが、有利枠を引けても厳しい。

ダイワマッジョーレ  評価:A
戦績のトータルは「+6」で、出走登録馬中1位と抜群の安定感。
ダイワマッジョーレは、相性の良いコースのトータル成績が【2 3 1 2】で、掲示板を外したのは去年のマイルCSだけ。また、時計勝負に対応できるスピードもある。惨敗を喫した安田記念以来となるが、G2ならまだまだ見限れない。騎乗予定の蛯名正騎手がランク外なので、できれば有利枠を引きたい。

ティーハーフ  評価:B
戦績のトータルは「+1」で、出走登録馬中11位とイマイチな結果。
ティーハーフは、時計が速い馬場に向いており、本質的には京都芝1400mに向いているとはいえないが、いまの京都芝なら大丈夫そう。相性の良いコースでは【2 1 3 3】と悪くはないが、強調はできない。騎乗予定の国分優騎手がランク外なので、好走するには有利枠はぜひとも欲しい。

フィエロ  評価:A
戦績のトータルは「+5」で、出走登録馬中2位とかなりのアドバンテージ。
フィエロは、相性の良いコースのトータル成績が【1 2 2 0】と4着以下はなしの安定感。前走の安田記念は4着に負けたが、東京芝1600mは相性の悪いコースなので、今回に限っては強材料。騎乗予定のMデムーロ騎手はコースを得意にしており、たとえ有利枠を引けなくても本命候補。

ベルルミエール  評価:B
戦績のトータルは「+5」で、出走登録馬中2位と、かなりのアドバンテージ。
ベルルミエールは、相性の良いコースで【3 1 1 1】で、掲示板を外したのは今年の京都牝馬S(京都芝1600m)だけ。ただ、時計勝負に強いタイプではないので、いまの京都は向いていない。騎乗予定の川島騎手はランク外なので、タイム項目のマイナスを相殺するには有利枠が必須。

スワンSの注目馬はサンライズメジャー

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、サンライズメジャーダイワマッジョーレフィエロの3頭。

サンライズメジャーは、相性の良いコースのトータル成績が【4 3 0 1】で、掲示板を外したのは、昇級戦となった去年の京都金杯(京都芝1600m)だけ。
前走の米子S(阪神芝1600m)は7着に敗退したが、阪神マイルは相性の悪いコースなので、気にしなくていい。
ちなみに、東京マイルも相性が悪いので、安田記念の惨敗も同様に気にしなくていい。
騎乗予定の池添騎手もコースを得意にしているので、それほど人気にならなそうだし、積極的に買いたい。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA