【予想】ユーキャンスマイル この低調メンバーならG1でも力互角【ジャパンCの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
外国馬ゼロどころか、アーモンドアイもリスグラシューも、凱旋門賞組もいない低調メンバーとなりました。
今年G1を勝った馬がいません。今年重賞を勝ったのも、たったの4頭です。
かつての盛り上がりが嘘のようです。時の流れは残酷です。

東京芝2400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 カレンブーケドール
2
2 ワグネリアン
3 ウインテンダネス × × ×
3
4 ムイトオブリガード
5 スワーヴリチャード
4
6 ユーキャンスマイル
7 ダイワキャグニー
5
8 レイデオロ
9 ルックトゥワイス
6
10 ダンビュライト ×
11 シュヴァルグラン ×
7
12 タイセイトレイル ×
13 エタリオウ
8
14 マカヒキ × × ×
15 ジナンボー × ×

【軸推奨馬】
◎ 6番ユーキャンスマイル
○ 1番カレンブーケドール
▲ 5番スワーヴリチャード
△13番エタリオウ
× 2番ワグネリアン

◎ユーキャンスマイルは、前々走の新潟記念で1000m通過58.6秒のハイラップで勝ち切り、次の天皇賞(秋)ではスローの瞬発力勝負で上がり最速で4着と、臨戦過程は理想的。有利枠を引き、鞍上はコース得意の岩田騎手。今回の低調メンバーなら、まったく見劣らない。

○カレンブーケドールは、レベルの高い紫苑S、ハイペースの消耗戦となった秋華賞で好走を重ねての臨戦過程で、3歳馬の成長力を加味すれば、古馬の牡馬に交じっても遜色はない。相性の良いコースで【1 1 1 0】と安定しており、雨の影響で若干時計がかかりそうなのもアドバンテージ。

▲スワーヴリチャードは、相性の良いコースのトータル成績が【3 3 3 1】で、唯一の馬券圏外は3歳児の有馬記念4着。その有馬記念もキタサンブラックにコンマ2秒差だから、実績面では申し分ない。高速決着の天皇賞(秋)で伸びきれなかったように、時計がかかりそうな馬場コンディションは強材料。

△エタリオウは、なるべく時計がかかってほしい。×ワグネリアンは、逆に時計が速くなって連対圏。

京都メインの京阪杯の予想はこちら→(◎11番アウィルアウェイ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA