【予想】アドマイヤエイカン 重賞勝ちの地でオープン復帰【札幌日経OPの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
オープン戦とはいえ、格上挑戦の馬が5頭いて、前走勝っているのが2頭だけという低調なメンバーです。誰が勝ってもおかしくない混戦模様です。

 
札幌芝2600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 カラビナ × ×
2
2 マコトガラハッド ×
3
3 アドマイヤエイカン
4 アルター × ×
4
5 シホウ
6 モンドインテロ
5
7 エリモジパング × ×
8 マサハヤダイヤ ×
6
9 デルマサリーチャン
10 ヴォージュ ×
7
11 グランアルマダ
12 トウシンモンステラ
8
13 ブライトバローズ ×
14 シルクドリーマー × ×

【軸推奨馬】
◎ 3番アドマイヤエイカン
○11番グランアルマダ
▲ 6番モンドインテロ
△12番トウシンモンステラ
× 5番シホウ

◎アドマイヤエイカンは、相性の良いコースのトータル成績が【1 2 1 1】で、掲示板を外したのは3歳時の丹頂S(札幌芝2600m)12着の一度だけ。その後1年半の休養に入っており、丹頂Sの成績は度外視してもいいだろう。2歳戦とはいえ、メンバー唯一の重賞勝ち馬でもあり、ここからオープンへ復帰する。

○グランアルマダは、相性の良いコースで【2 0 1 3】とそれほど強調できるものではないが、今回の低調なメンバーなら及第点。時計が速すぎても遅すぎてもダメな融通が利かないタイプで、開幕週の札幌芝2600mはピッタリの条件と言えそうだ。

▲モンドインテロは、当該レース2連覇を含み、相性の良いコースで【4 0 1 1】の好成績。成績通り、時計勝負になると甘くなるので、時計がかかる札幌芝2600mは合っている。コース得意の池添騎手への乗り替わりは強材料。

△トウシンモンステラは、とにかく時計がかかってほしい。×シホウは、叩き良化型なので押さえまで。

 
新潟メインの越後Sの予想はこちら→(◎3番ヨンカー)
小倉メインの九州スポーツ杯の予想はこちら→(◎1番シゲルノマオイ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA