【回顧】高速決着を制したミスターメロディ【高松宮記念のタイム分析】

 

群雄割拠のスプリント戦線で、春の王者となったのはミスターメロディでした。
2着、3着に2ケタ人気で、大荒れの結果となりました。

各開催場の馬場差

3月23日(土)
   中山 芝 -1.1
   中山ダート +0.8
   阪神 芝 -0.3
   阪神ダート +0.3
   中京 芝 -0.5
   中京ダート +1.2
3月24日(日)
   中山 芝 -0.5
   中山ダート +0.9
   阪神 芝 +0.1
   阪神ダート +0.4
   中京 芝 -0.2
   中京ダート +0.9

※馬場差:当日の全レースを対象にしたタイム差。マイナスなら時計の速い馬場、プラスなら時計のかかる馬場。

先週の中山は、土日ともに芝もダートも時計がかかっており、とくにダートでは時計勝負に強いスピードタイプは軒並み馬群に沈んだ。

阪神は、土曜の芝だけ速かったが、あとは時計がかかっており、こちらも時計勝負に強いスピードタイプは苦戦していた。

中京は、土日ともに芝の時計が速く、ダートの時計はかかっていた。

高速決着が明暗を分ける結果に/高松宮記念

ファインニードルがいなくなった群雄割拠のスプリントG1は、ミスターメロディが、初G1制覇を成し遂げた。

馬場差-1.5で、レースタイム差-1.5。

先週の中京芝はとにかく時計が速く、高松宮記念もレースタイム差-1.5の高速決着となった。

カーバンクルS、オーシャンSをハイラップで逃げてきた▲モズスーパーフレアが、前半600m33.2秒-後半600m34.1秒の平均やや速めのペース。前2走ほどのダッシュは見られず、最初の1Fを12.0秒で入ったため、次の1Fで10.1秒のハイラップを刻むことになってしまった。
これにつられず抑えたのが、勝った×ミスターメロディと、2着のセイウンコウセイだった。逆に、これにつられてポジションを取りに行ったのが、1番人気○ダノンスマッシュである。 鞍上の北村友騎手は、さらに内を狙って後続馬に迷惑をかけるなど、なんとも雑な競馬になっていた。

勝った×ミスターメロディは、内枠が幸いしたのは間違いないが、スピードランク11位ながら高速決着を制しており、その成長度合いには目を見張る。
2着セイウンコウセイは、去年の函館SSの回顧で書いたように、わがままな競馬をさせると強い。今回はすんなりハナに立ったが、外から▲モズスーパーフレアが来たら、ペースを守って競り合わなかった。
これまでは、もまれ弱いことから何が何でもハナをきっていたが、さすがは幸騎手の好騎乗。ほんとにウマが合う。

2着◎デアレガーロは鞍上の池添騎手がなんとか内に入れようとしていたが、最後まで渋滞を回避できず、直線では仕方なく外を回ってコンマ5秒差7着まで。
この高速馬場だと、内の先行馬はなかなか止まってくれない。今回は残念な結果になってしまったが、G1でも足りる走りはできた。




時計が遅い瞬発力勝負では次走につながらない/日経賞

土曜の中山で行われた日経賞は、強いと言われる4歳馬が、揃って掲示板入りを果たした。

馬場差+0.4で、レースタイム差+1.2。

土曜の中山芝は時計がかかっていたとはいえ、日経賞のレースタイム差+1.2は、G2レベルとしてはかなり物足りない。

△メイショウテッコンの逃げは、300m通過から11.8秒-12.5秒-12.3秒-12.6秒-13.1秒のスローペース。
その△メイショウテッコンがラスト35.4秒で2着以下に1+1/4馬身差だから、後続がかなりだらしない。

1番人気○エタリオウは、またもや2着とシルバーコレクターぶりをいかんなく発揮。
小回りでも好走できたのは収穫ではあるが、このレースレベルでは、天皇賞(春)にはつながらない。

◎チェスナットコートは、まったく見せ場なく1.6秒差の9着完敗。やっぱり、海外惨敗の遠征帰りは買っちゃダメだ。

レースレベルが低く次走で人気になるなら敬遠したい/毎日杯

土曜の阪神で行われた毎日杯は、×ランスオブプラーナが勝ち、クラシック戦線へ最後の名乗りを挙げた。

馬場差-0.5で、レースタイム差+0.4。

土曜の阪神芝は時計が速かったが、毎日杯のレースタイム差は+0.4とちょっと物足りない。毎日杯をステップに一流馬になった先輩たちも多いが、ブラストワンピースもアルアインも、キズナもディープスカイも、すべて勝ち時計は1分46秒台だった。
今回の勝ちタイムは1.47.2。ラップも、前半800m48.7秒-後半800m46.5秒のスローペースで、レースレベルは高くない。

勝った×ランスオブプラーナは、スローに落とした逃げ切りだったが、2着馬とはクビ差の接戦。クラシック云々というならば、もう少し着差を広げてほしかった。ただ、賞金加算でローテーションを組めるようになったのは良かった。

2着×ウーリリも、賞金は加算できたが、経験値という点では上積みはない。こちらは、マカヒキの弟ということで、次走がG1以外なら人気になりそうだが、買いたくない。

3歳戦の注目馬はショウナンバルディ/未勝利(阪神芝1800m)

先週の3歳戦で、もっとも見どころがあったのは、日曜の阪神第5Rに行われた未勝利戦(芝1800m)である。

馬場差+0.1で、レースタイム差-1.4。

日曜の阪神芝は時計がかかっていたが、ショウナンバルディが勝った未勝利戦は、レースタイム差-1.4と速かった。
この日、芝もダートも含めて、レースタイム差が-1.0より速かったのはショウナンバルディだけだった。

ペースも、最初と最後の1Fを除いて、12.2秒以下のラップが続く淀みのない展開で、それをショウナンバルディはラスト35.9秒で逃げ切り。
10番人気と人気はなかったが、このラップと勝ちタイムなら、昇級しても即通用する。


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA