重賞分析

【マーメイドSの展望】人気馬の死角と穴馬の資格

こんばんわ、ウキョーです。
来週から阪神が開幕します。約1カ月前の阪神芝は時計が速かったので、開幕週は高速決着が祖駆出しそうです。
今週は、阪神でマーメイドS、東京でユニコーンSの2つの重賞が行われます。

今日は、マーメイドSを展望していきたいと思います。

それでは、マーメイドSの人気馬たちの死角について、重箱の隅をつついてみます。
同時に、穴馬になれる資格のある馬たちを探します。

阪神芝2000mの傾向

有利枠 1枠・2枠・4枠・8枠
不利枠 3枠・5枠・7枠
脚質 逃げ・差し
騎手 3割超 川田騎手
人気 川田騎手
人気薄 福永騎手
 予想優先順位
1位
タイム
2位
騎手
3位
戦績
4位
コース
5位
展開

阪神芝2000mは、本質的に時計がかかるコースだが、オープンになると基準タイムくらいまで速くなる。開幕週でもあり、マーメイドSはけっこう時計は速くなりそうだ。

逃げ馬と差し馬に有利なコースだが、開幕週だと先行、好位勢にアドバンテージ。

有利枠は1枠、2枠、4枠、8枠で、不利枠は3枠、5枠、7枠

連対率3割を超える騎手は川田騎手(サンクテュエール騎乗予定)。

人気で安定しているのは、川田騎手(サンクテュエール騎乗予定)。

人気薄なら福永騎手(シャドウディーヴァ騎乗予定)。

マーメイドSで人気、話題になりそうな馬

アカイイト  評価:S
戦績ランク2位 スピードランク5位

相性の良いコースのトータル成績が【2 2 1 3】で、掲示板を外したのはローズS7着と、2歳時のエリカ賞8着の2回。オープンで結果を出していないのは気がかりだが、戦績面では問題ない。
レースタイム差-0.7の飛鳥S、同-0.6のシドニーTで2着と、ある程度なら時計が速くなっても大丈夫。開幕週の時計は不安だが、今回のメンバーに入ればスピードランク5位だから大丈夫だろう。

アブレイズ  評価:C
戦績ランク10位 スピードランク8位

相性の良いコースで【2 0 0 3】と、勝つか負けるかの両極端。ただ、負けた2レースがローズSと秋華賞だから、G3のハンデ戦ならマイナス材料とまではならない。レースタイム差-0.7のローズSで12着に大敗し、前走のメイS勝ちが+0.2だから、どちらかというと時計がかかった方が良いタイプで、開幕週の馬場は向いていない。騎乗予定の浜中騎手がコース得意なので、雨が降れば。

アンドラステ  評価:B
戦績ランク10位 スピードランク1位

相性の良いコースではエプソムC4着だけ。相性の悪いコースでは一度も走ったことがなく、ここを狙ったローテーションとは言えない。基準タイム差-0.8の関屋記念が3着、同-0.7のパールSに勝っており、時計勝負に強いスピードタイプ。開幕週の馬場はピッタリ。ただ、騎乗予定の岩田望騎手がランク外なので、好走には有利枠が欲しいところ。

イズジョーノキセキ  評価:A
戦績ランク2位 スピードランク5位

相性の良いコースのトータル成績は【0 2 1 1】と勝鞍はないものの、掲示板を外したことは一度もない。唯一の馬券圏外は3歳時のあずさ賞4着。勝鞍がなく、オープンでも結果が出ていないのは気がかりだが、戦績項目はプラス。前走の京橋Sでレースタイム差-3.0の超高速決着を2着に好走しており、時計勝負になる開幕週は絶好の舞台

カセドラルベル  評価:B
戦績ランク19位 スピードランク1位

相性の良いコースで【2 0 0 4】と、勝つか負けるかの両極端。負けた4戦のうち3戦が掲示板以下と、他項目でプラス要素がないと厳しそう。ただ、準オープン卒業の博多Sがレースタイム差-1.7の高速決着で、スピードランクはこのメンバーに入っても堂々の1位だから、開幕週の高速決着はアドバンテージになる。ダートを2戦使った前走がコンマ1秒差の4着だから、前進はありそう。

サンクテュエール  評価:A
戦績ランク10位 スピードランク3位

相性の良いコースで走ったのは、3走前の秋華賞だけ。その秋華賞が16着の大敗だから、戦績項目は上がりようがない。秋華賞では直線に向いたところですでに一杯の様相で、距離が長かったようにも見えるだけに、前走からの距離延長はプラスとは言えない。それでも、同馬は新馬戦の勝ちっぷりが衝撃的。13秒台のラップがなく、それでいてラスト1Fが11.3秒はブレイクランアウト以来の偉業だった

シャドウディーヴァ  評価:C
戦績ランク23位 スピードランク21位

相性の良いコースで【0 1 0 4】とまったく走れておらず、相性の悪いコースでは【2 3 1 3】の安定感で、掲示板を外したこともない。ここで好走できるローテーションではない。重賞2着の府中牝馬Sがレースタイム差+2.4、去年の東京新聞杯が同+0.1だから、時計がかかった方が良いタイプで、開幕週の馬場は合っていない。騎乗予定の福永騎手がコースを得意にしているのが唯一の救い。

ソフトフルート  評価:B
戦績ランク5位 スピードランク15位

相性の良いコースのトータル成績が【4 0 2 5】で、掲示板を外したのは、去年のエリザベス女王杯6着だけという安定感。そのエリ女も、ラッキーライラックからコンマ6秒差。さらに相性の良い秋華賞では、デアリングタクトからコンマ3秒差の3着だから、昇級戦とはいえ戦績面だけなら上位争い。ただ、負けたエリ女がレースタイム差-1.9でなので、スピードランクが上がらないのは弱材料

ミスニューヨーク  評価:C
戦績ランク22位 スピードランク9位

相性の良いコースで【0 0 0 2】、相性の悪いコースで【3 0 0 0】と、とてもじゃないがここを狙ったローテーションとは言えない。準オープン卒業のスピカSが、レースタイム差+3.3で、2勝クラス卒業の松島特別が同+0.4だから、時計がかかった方が良いタイプ。開幕馬場は合わない。騎乗予定の加藤騎手もランク外なので、好走するためには有利枠が欲しいところ。

マーメイドSの注目馬はロータスランド

今回、戦績項目とタイム項目の両方でプラスを計上した馬は、アカイイトだけ。

ここでは、戦績項目とタイム項目のどちらかに加点があり、かつどちらにも減点がなく、さらに騎手項目に加点があるロータスランドを抜粋する。

相性の良いコースでも、相性の悪いコースでも走ったことがなく、お世辞にもここを狙っていたとは言えないが、どちらでも走ったことがないということは、まっさらの状態で走れるということでもある。

前走の須磨特別は基準タイム差+0.9と時計がかかっていたが、前々走の1勝クラスが同-0.2で勝利、3走前の1勝クラスが同-1.1で2着だから、時計が速くなっても問題ない

騎乗予定の藤岡康騎手はコース連対率16.0%でランク14位。人気薄に乗って連対率を上げるので、今回はピッタリだろう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA