名馬コラム

【名馬コラム】ケイエスミラクル 音速を超えた神速の快速馬

競走馬はいつでもリスクを抱えている

サラブレッドの死を前にすると、競馬ファンは美化したがるのだ。そして、死んだ馬が可哀想だとか、ローテが厳しいんじゃないかとか、無責任なことを言う。
テンポイントしかり、サイレンススズカもそう。ライスシャワーにサンエイサンキュー、ホクトベガ。たしかに死んで可哀想だ。それはわかる。

それでも競馬に事故はつきものだ。そもそも、あんな細い足で、なおかつあのスピードで走らされるのだ。怪我もするし、悪ければ死んでしまうリスクは、どのレースでもどの馬でも背負っている。それが競馬というものだ。

だから私は、競走馬の死に直面しても、ことさら彼らを美化したりはしない。もちろん、テンポイントは凄い馬だったし、ホクトベガの実績、能力は誰もが認めるところだ。しかし、ホクトベガが死なずにドバイワールドカップを走り終えたとしても、たぶん勝てなかった。 サイレンススズカも、きっとあの天皇賞でオフサイドトラップに負けていた。

私は、意図的にそう思うようにしてきた。勝った馬に失礼だし、それが競馬というものだと割り切っていた。

ところが、そんな私が今までに1頭だけ、こいつは絶対に勝っていたと思える馬がいた。
それが、1991年のスプリンターズS(G1)で命を落としたケイエスミラクルである。

競馬界に突然現れたスピードキング

ケイエスミラクルは、クラシックとは無縁の短距離馬。夏の北海道でデビューして、あれよあれよの3連勝。900万下特別の藻岩山特別では、なんと単枠指定となった。ミラクルは、いちやく夏の上がり馬として脚光を浴びるようになった。オープン初戦に選んだのはセントウルS(G3)だった。北海道の重い洋芝で勝ち上がったミラクルに、いきなり軽い芝のしかもオープン戦のペースは厳しかったようだ。まさかの10着に大敗。しかし、彼はその大敗で軽い芝のペースに慣れてしまった。

次走のスワンS(G2)は、ダイイチルビー、バンブーメモリー、ダイタクヘリオス、ラッキーゲランなどのバリバリのオープン馬を向こうに回して真っ向勝負。1分20秒6は、当時のレコードだった。

マイルCSをはさんで、いよいよ本領発揮のスプリント戦、スプリンターズS。重賞3勝馬の名牝ダイイチルビーを差しおいて1番人気におされたミラクルは、トモエリージェントが超ハイペースで逃げるなか中団に陣取った。
3角過ぎらからまくり気味にスパートをかけたミラクルは、直線入り口で先頭をうかがう勢い。そこからさらに加速しようとエンジンをかけた瞬間、ミラクルはがくんと態勢を崩して失速していった。

きっと、その加速は行ってはいけない領域だったんだ。美化しちゃいけないと思いつつ、彼の死だけは美化ではない! 真実である! と自らを納得させるのである。彼のスピードは速すぎた。そして、産まれてくる時代も早すぎたのだ。

1991/12/25 中山
スプリンターズS
芝1200m 良
中止 岡部 55キロ 16頭 1人

ダイイチルビー
1991/11/17 京都
マイルCS
芝1600m 良
3着 南井 55キロ 15頭 2人
1.35.3(   13-10)
ダイタクヘリオス
1991/10/26 京都
スワンS
芝1400m 良
1着 南井 55キロ 16頭 5人
1.20.6(      6-6)
(ダイイチルビー)
1991/10/05 京都
オパールS
芝1200m 良
1着 南井 53キロ 12頭 1人
1.08.4(      8-6)
(サムソンクイーン)
1991/09/08 中京
セントウルS
芝1200m 良
13着 南井 53キロ 14頭 3人
1.09.4(      3-3)
ニフティニース
1991/06/22 札幌
藻岩山特別
芝1200m 良
1着 南井 54キロ 11頭 1人
1.09.4(      3-3)
(クインサンシー)
1991/06/08 札幌
石狩特別
芝1200m 良
1着 南井 55キロ 12頭 1人
1.08.5(      3-1)
(サムソンクイーン)
1991/05/11 新潟
わらび賞
芝1600m 良
2着 佐伯 55キロ 13頭  1人
1.36.8(      2-1)
ボードセイリング
1991/05/04 新潟
未出走
芝1400m 稍
1着 佐伯 52キロ 13頭 2人
1.23.5(      2-2)
(シンコウヤマト)
1991/04/20 新潟
未出走
芝1600m 稍
2着 佐伯 52キロ 12頭 1人
1.37.2(      9-7)
パリスハーリー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA