レース予想 PR

【ステイヤーズS 2023の予想】セファーラジエル 折り合いに問題ないタイプで長距離は合う

ステイヤーズSの予想
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんばんわ、ウキョーです。

今週は、冬の風物詩でもあるステイヤーズSです。芝3600mはここでしか使われないので、個人的にはすごく苦手なレースです。開幕週とはいえ、時計勝負への対応力はそれほど問われません。

スピードランク上位馬はワープスピードアフリカンゴールドジェットモーショングランオフィシエダンディズムです。

中山芝3600mのコースデータはこちら→

中山芝3600m
中山芝3600m中山芝3600mのコースデータを徹底攻略|有利枠・不利枠・騎手ランクを公開...

ステイヤーズS 2023
※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1キングズレイン
2ワープスピード
2
3フジマサインパクト×
4ヒュミドール×
3
5マイネルウィルトス×
6メロディーレーン××
4
7アイアンバローズ×
8レッドジェネシス
5
9ダンディズム×
10シルブロン
6
11テーオーロイヤル×
12セファーラジエル×
7
13ジェットモーション
14グランオフィシエ
8
15アフリカンゴールド
16アケルナルスター

【軸推奨馬】
◎12番セファーラジエル
○14番グランオフィシエ
▲10番シルブロン
△ 7番アイアンバローズ
×13番ジェットモーション

◎セファーラジエルはスピードランク7位だが、時計勝負への対応力をそれほど必要としない中山芝3600mではアドバンテージになる。オープン昇級初戦だった今春の大坂ハンブルクCで2着に好走後はピリッとしないが、前走のアルゼンチン共和国杯ではコンマ4秒差の5着と復調の兆し。折り合いに問題のないタイプで、長距離は合っている。

○グランオフィシエは、相性の良いコースのトータル成績が【3 3 1 5】と、着外3回と多いものの、3勝6連対は今回のメンバーでは頭ひとつ抜けている。騎乗予定だった田辺騎手(ランク2位)が病気のため、吉田豊騎手に乗り替わりとなるが、吉田豊騎手もランク6位とコースを得意にしているので問題ない。

▲シルブロンは、相性の良いコースで【1 2 1 3】。1勝しかしていないが、掲示板を外したのは3歳時の1勝クラス(東京芝1800m)8着だけ。今冬のダイヤモンドSで3着に来ており、距離も大丈夫。

△アイアンバローズは、とにかく時計がかかってほしい。×ジェットモーションは、逆に時計が速くなって連対圏

阪神メインのチャレンジC 2023の予想はこちら→(◎6番ガイアフォース)
中京メインの浜松Sの 2023の予想はこちら→(◎12番トーホウディアス)

チャレンジCの予想
【チャレンジC 2023の予想】ガイアフォース 前走の天皇賞(秋)が強い競馬でGIIIなら力上位チャレンジC 2023の予想です。◎ガイアフォース...
浜松Sの予想
【浜松S 2023の予想】トーホウディアス 相性の良いコースからの臨戦過程は理想的浜松Sの予想です。◎トーホウディアス...


応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA