【ターコイズS】サンクテュエール G1惨敗続きで株を落としたがG3なら力互角

 

こんばんわ、ウキョーです。
重賞勝ち馬5頭からオープン好走馬まで、なかなか粒ぞろいの好メンバーとなりました。
目移りしてしまうメンバーですが、本命は3歳馬のサンクテュエールになりました。

中山芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 レッドレグナント        
2 シャインガーネット ×
2
3 フェアリーポルカ    
4 ビッククインバイオ × ×  
3
5 アンドラステ    
6 インターミッション
4
7 ドナウデルタ ×  
8 スマイルカナ  
5
9 アロハリリー ×      
10 モルフェオルフェ ×  
6
11 サンクテュエール
12 クリスティ ×      
7
13 シーズンズギフト   ×  
14 ランブリングアレー ×
8
15 スイープセレリタス      
16 トロワゼトワル  

【軸推奨馬】
◎11番サンクテュエール
○ 6番インターミッション
▲ 3番フェアリーポルカ
△ 5番アンドラステ
×16番トロワゼトワル

◎サンクテュエールは、桜花賞、オークス、秋華賞の3冠線を皆勤だが、G1の壁に跳ね返されてきた。それでもシンザン記念勝ちに、桜花賞は6着だがコンマ8秒差。マイルなら、人気ほどの差はない。それに今回は有利枠を引き、鞍上はコース得意の北村宏騎手である。実績馬や、勝ち上がってきた勢いのある馬たちの影に隠れてしまっているが、桜花賞3番人気の素質馬の巻き返しに期待したい。

○インターミッションは、3歳馬でキャリアが浅いなか、相性の良いコースで【3 0 1 1】の好成績。掲示板を外したのは桜花賞14着だけ。前走の秋風Sでは、2F目から11秒台が連続するハイラップの中、4角手前から動く積極策で、レースタイム差-0.6の好時計勝ち。古馬初重賞挑戦となるが、ここでも力は通用する。

▲フェアリーポルカは、相性の良いコースのトータル成績が【2 1 0 0】で、中山牝馬S勝ちに福島牝馬S勝ちと、戦績面では群を抜いている。マイル初参戦なのが気がかりで、ここは単穴評価まで。

△アンドラステは、とにかく時計が速くなってほしい。×トロワゼトワルは、逆に時計がかかって連対圏。

阪神メインのタンザナイトSの予想はこちら→(◎8番アイラブテーラー)
中京メインの有松特別の予想はこちら→(◎1番タイセイトレンディ)




応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA