シホウ コース得意の吉田隼騎手で重賞初制覇だ【AJCCの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
中山芝2200mはそれほど時計が速くならないコースで、時計勝負に対応できない馬でもなんとかなるコースです。

 
中山芝2200mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 レジェンドセラー ×
2
2 トミケンスラーヴァ ×
3
3 ミッキースワロー
4
4 シホウ
5
5 ゴールドアクター
6
6 ディサイファ × × ×
7 ダンビュライト ×
7
8 ショウナンバッハ × ×
9 マイネルミラノ ×
8
10 マイネルディーン
11 トーセンビクトリー ×

【軸推奨馬】
◎ 4番シホウ
○ 3番ミッキースワロー
▲ 7番ダンビュライト
△11番トーセンビクトリー
× 2番トミケンスラーヴァ

◎シホウは、時計が速すぎると甘くなるので、基準タイム差-0.1の中山芝2200mはちょうど良い舞台となる。近走は長距離指向に傾いているようだが、個人的には中距離向きだと思っているので、距離もOK。有利枠を引いて、鞍上がコース得意の吉田隼騎手なら、この相手でも連対圏なら十分ある。

○ミッキースワローは、相性の良いコースのトータル成績が【2 0 0 2】で、勝つか負けるかの両極端ではあるものの、掲示板を外したことは一度もない。時計勝負に強いタイプなので、本質的には中山芝2200mは合わないが、今回は有利枠を引いて、コース得意の横山典騎手が鞍上なら相殺できる。

▲ダンビュライトは、ペースが流れた皐月賞(中山芝2000m)で3着に好走し、その後はスローの瞬発力勝負で一歩届かないレースを続けていたが、前走のサンタクロースH(阪神芝2000m)で1000m通過63.2秒という超スローペースのヨーイドンを制したことで、一皮むけた。今なら重賞でも通用するはず。

△トーセンビクトリーは、なるべく時計がかかってほしい。×トミケンスラーヴァは、ワーストランク入りの江田照騎手がネック。

 
中京メインの東海Sの予想はこちら→(◎2番シャイニービーム)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA