【予想】エントシャイデン 前走で重賞でもめど立った【京王杯SCの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
昨夏は古馬戦で思うような結果が出なかったエントシャイデンですが、気性が成長してレースに集中できるようになって本格化しました。

東京芝1400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 リライアブルエース ×
2 ドーヴァー ×
2
3 サトノアレス
4 トゥザクラウン
3
5 ストーミーシー × × ×
6 ロジクライ
4
7 リナーテ
8 キャナルストリート
5
9 タワーオブロンドン ×
10 タイムトリップ ×
6
11 エントシャイデン
12 ロードクエスト ×
7
13 ブロワ ×
14 スターオブペルシャ ×
8
15 ダイメイフジ
16 スマートオーディン

【軸推奨馬】
◎11番エントシャイデン
○ 4番トゥザクラウン
▲ 7番リナーテ
△ 3番サトノアレス
×16番スマートオーディン

◎エントシャイデンは、相性の良いコースで【3 1 3 3】の安定感。相性の良いコースで行われた前走の阪急杯も、初重賞ながら(限定戦除く)コンマ5秒差5着とメドは立った。スピードランクも5位と、このメンバーならスピード負けすることもないだろう。有利枠を引き、鞍上はコース得意の田辺騎手で、ここは初重賞制覇のチャンス。

○トゥザクラウンは、前走の大坂ハンブルクC(阪神芝1400m)が高評価。前半800m44.6秒のハイペースで、ラスト1Fが12.7秒の消耗戦となったが、それを逃げ切ったのだから強かった。相性の良いコースでは掲示板を外したのが一度だけの安定感で、ここでも通用する。

▲リナーテは、ラスト3F12.5秒-11.3秒-11.1秒という驚異の加速ラップだった新馬戦(京都芝1600m)が、とにかく秀逸だった。それを思えばオープンに上がってくるのが遅すぎたが、前走の京都牝馬S(京都芝1400m)でようやく素質開花。逆転があっても驚けない。

△サトノアレスは、なるべく時計がかかっててほしい。×スマートオーディンは、前走が復活なら力最上位。

京都メインの都大路Sの予想はこちら→(◎3番ソーグリッタリング)
新潟メインの中ノ岳特別の予想はこちら→(◎4番マイネルツァイト)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA