【予想】ザダル 前走を叩いてここで本領発揮【菊花賞の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
重賞勝馬が3頭だけという低調メンバーで、誰が勝ってもおかしくありません。
ただ、今年から降級がなくなったためか、秋の3歳戦では条件戦組の成績が良くありません。紫苑Sを勝ったパッシングスルーだけですから、ここも条件戦組は一枚割り引きました。

京都芝3000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ザダル
2 ニシノデイジー ×
2
3 カリボール ×
4 ユニコーンライオン ×
3
5 ワールドプレミア
6 ディバインフォース ×
4
7 ヒシゲッコウ
8 メロディーレーン × ×
5
9 ヴァンケドミンゴ
10 カウディーリョ
6
11 シフルマン
12 レッドジェニアル
7
13 ヴェロックス
14 サトノルークス
15 ホウオウサーベル
8
16 ナイママ × ×
17 タガノディアマンテ
18 メイショウテンゲン × ×

【軸推奨馬】
◎ 1番ザダル
○ 5番ワールドプレミア
▲14番サトノルークス
△ 2番ニシノデイジー
×12番レッドジェニアル

◎ザダルは、セントライト記念3着が高評価。馬場差-0.2の中、1000m通過59.8秒のハイラップで、レースタイム差-1.3。勝馬のリオンリオンが不在なら、G1に入っても力上位。初の長距離輸送がネックだが、今回は有利枠を引いて前目のポジションが取れれば、ラスト一冠奪取も夢ではない。

○ワールドプレミアは、レースタイム差-0.9のつばき賞(京都芝1800m)を勝っており、このメンバーに入っても速度負けはしない。神戸新聞杯は、勝ち馬以外は評価できないが、そのサートゥルナーリアが不在で、2歳王者もダービー馬もいない今回は、叩いて型通りに良化しているなら好勝負可。

▲サトノルークスは、春のG1ではまったく勝負にならなかったが、ひと夏越して成長が明らか。高評価レースのセントライト記念2着からの臨戦過程はアドバンテージ。コース得意の福永騎手の騎乗は魅力だが、前向きな性格なだけに、初の3000mでテン乗りは割引材料。

△ニシノデイジーは、なるべく時計がかかってほしい。×レッドジェニアルは、コース得意の酒井学騎手の手腕に期待。

東京メインのブラジルCの予想はこちら→(◎14番フェニックスマーク)
新潟メインの北陸Sの予想はこちら→(◎13番シアーライン)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA