【日経新春杯】アフリカンゴールド 前走3着に成長の証

 

こんばんわ、ウキョーです。
ハンデの長距離戦だと、特別出走奨励金の存在が予想を面倒にするのですが、ここは奨励金目当てでとりあえず出走しました、という陣営はなさそうですね。

京都芝2400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 メロディーレーン × ×
2
2 レッドジェニアル ×
3
3 マスターコード
4 レッドレオン
4
5 チェスナットコート × ×
6 モズベッロ
5
7 タイセイトレイル
8 エーティーラッセン × ×
6
9 ロードヴァンドール ×
10 サイモンラムセス ×
7
11 サトノガーネット
12 スズカディープ × ×
8
13 アフリカンゴールド
14 プリンスオブぺスカ

【軸推奨馬】
◎13番アフリカンゴールド
○ 6番モズベッロ
▲ 3番マスターコード
△14番プリンスオブぺスカ
×11番サトノガーネット

◎アフリカンゴールドは、前走のアルゼンチン共和国杯で中団7~8番手からラスト33.8秒で3着と、これまでにないレース内容で好走してみせた。去勢の効果で操縦性が良くなっているのが明らかだった。どちらかというと時計が速くなった方が良いタイプなのだが、今回は有利枠を引き、鞍上はコース得意の福永騎手。発馬抜群の福永騎手なら、前走より前目での競馬もOK。展開も向いてくるはず。

○モズベッロは、相性の良いコースで【2 2 0 1】の好成績。馬券圏外を外したのは前走のグレイトフルS4着だけ。その前走は、スタートで後手を踏んだ不利と、前残りの上り勝負になったことで敗退したが、コンマ1秒差まで詰め寄ったのは力の証。負けたおかげでハンデは52キロの軽量なら、ここで巻き返しがあっても驚けない。

▲マスターコードは、相性の良いコースで【1 4 1 3 】の安定感。掲示板を外したのは3回で、そのいずれもが高速決着だったことから、時計がかかっている今の京都芝のコンディションはアドバンテージになる。

△プリンスオブぺスカは、なるべく時計が速くなってほしい。×サトノガーネットは、逆に時計がかかってほしい。

中山メインの京成杯の予想はこちら→(◎5番キングオブドラゴン)
小倉メインの巌流島特別の予想はこちら→(◎1番ヒロイックアゲン)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA