【予想】メイショウテンゲン そうはいってもトライアル勝利馬【皐月賞の予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
断トツ1番人気のサートゥルナーリアは、ここまでスローの瞬発力勝負しか経験しておらず、経験値の面で他馬に後れを取っています。3戦すべてノーステッキの完勝と、その潜在能力は随一ですが、負けるとしたらここかなと思います。

中山芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 アドマイヤマーズ
2 サトノルークス
2
3 ファンタジスト
4 ダノンキングリー
3
5 ランスオブプラーナ    
6 クラージュゲリエ ×
4
7 ヴェロックス
8 ニシノデイジー ×
5
9 メイショウテンゲン  
10 シュヴァルツリーゼ   ×
6
11 ラストドラフト
12 サートゥルナーリア
7
13 ブレイキングドーン  
14 ダディーズマインド × ×
15 クリノガウディ― ×
8
16 タガノディアマンテ  
17 アドマイヤジャスタ  
18 ナイママ ×

【軸推奨馬】
◎ 9番メイショウテンゲン
○ 7番ヴェロックス
▲ 4番ダノンキングリー
△ 1番アドマイヤマーズ
× 2番サトノルークス

◎メイショウテンゲンは、前走の弥生賞で前半1000m61.8秒-後半1000m61.5秒の平均ペースを制したが、あまり評価されていない。たしかに時計は遅く、ラッも大したことないが、本来は時計勝負に強いタイプで、弥生賞を勝ち切ったこと自体が評価できる。サートゥルナーリアが断トツ1番人気なら、この馬でも通用する。

○ヴェロックスは、新馬戦(小倉芝1800m)を基準タイム差-3.1の超高速決着を制しており、今回のメンバーに入ってもスピードランク1位。ここまでスローのヨーイドンしか経験していないが、そのスピード能力は折り紙つき。前2戦で2000mを経験しているのもアドバンテージ。

▲ダノンキングリーは、前々走のひいらぎ賞(中山芝1600m)勝ちが高評価。今年はハイペースで勝ってきた馬が少なく、経験値は抜けている。また、前走の共同通信杯(東京芝1800m)でも、後半1000m57.3秒という驚異のラップを3-4-4の位置取りからラスト32.9秒の豪脚だから、距離さえ克服できればあっさりまで。

△アドマイヤマーズは、とにかく時計がかかってほしい。×サトノルークスは、逆に時計が速くなって連対圏。

阪神メインのアンタレスSの予想はこちら→(◎11番マイネルオフィール)
福島メインの福島民報杯の予想はこちら→(◎3番ケイティクレバー)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA