【シンザン記念の予想】プリンスリターン 鞍上不安も力のいる馬場なら重賞でも

 

こんばんわ、ウキョーです。
原田騎手には頑張ってほしい。陣営がここまで乗せてくれているのだから、原田騎手には、ぜひともここで重賞を勝ってもらいたいですね。

京都芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 サンクテュエール ×
2
2 ヴァルナ
3
3 コルテジア ×
4
4 タガノビューティー × ×
5
5 オーマイダーリン
6
6 プリンスリターン ×
7
7 ディモールト  
8 カバジェーロ
8
9 ルーツドール
10 ヒシタイザン ×

【軸推奨馬】
◎ 6番プリンスリターン
○ 2番ヴァルナ
▲ 5番オーマイダーリン
△ 1番サンクテュエール
× 9番ルーツドール

◎プリンスリターンは、レースタイム差-1.8の高速決着だった朝日杯FSで5着とスピードを見せたが、ここではスピードランク5位で、力のいる今の京都芝でも十分対応できる。鞍上の原田騎手はランク外どころか、過去10年に騎乗機会すらないのは不安だが、有利枠を引けたのは何より。

○ヴァルナは、前走の京都2歳Sは折り合いを欠いて、直線手前で競馬が終わっていた。それでも初重賞だった前々走の京王杯2歳Sでは、前半600m34.9秒の平均ペースをラクに先行し、タイセイビジョン、ビアンフェに続く3着なら、重賞でも力は足りる。有利枠を引き、コース得意の福永騎手が鞍上なら、展開も自ずと向いてくるはず。

▲オーマイダーリンは、前走の未勝利戦(京都芝1600m)が、先行勢に有利なラップの中、4角11番手からラスト34.6秒の上がり最速で差し切り勝ち。その勝ちタイムもレースタイム差-1.3の高速決着で、1勝馬が多いここなら互角に戦える。

△サンクテュエールは、不利枠を克服できれば。×ルーツドールは、とにかく時計が速くなってほしい。

中山メインのポルックスSの予想はこちら→(◎5番スワーヴアラミス)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA