【回顧】インディチャンプ 春秋連覇で真のマイル王者へ【マイルCSのタイム分析】

 

こんばんわ、ウキョーです。
マイルCSは、インディチャンプが春秋連覇を成し遂げ、名実ともにマイル王者に君臨しました。
京都マイルは、コース相性的に東京マイルと直結しているわけではないので、春秋連覇はかなり難しいのですが、お見事です!

各開催場の馬場差

11月16日(土)
   東京 芝 -2.3
   東京ダート +0.2
   京都 芝 +0.1
   京都ダート -0.7
   福島 芝 -0.6
   福島ダート +0.4
11月17日(日)
   東京 芝 -0.8
   東京ダート -0.1
   京都 芝 -0.1
   京都ダート -0.6
   福島 芝 +0.1
   福島ダート +1.2

※馬場差:当日の全レースを対象にしたタイム差。マイナスなら時計の速い馬場、プラスなら時計のかかる馬場。

先週の東京は、芝の時計は土日ともに速かったが、ダートは両日時計がかかっていた。

京都は、芝の時計は基準タイムよりかは速かったものの、いつもの京都よりかなり時計がかかっていた。ダートは土日ともに高速決着。

福島は、芝もダートもかなり時計がかかり、タフな馬場になっていた。

インディチャンプ 1馬身半差の完勝で名実ともにマイル王者へ/マイルCS

馬場差-0.1で、レースタイム差-0.5。

日曜の京都芝は時計がかかり出しており、マイルCSもレースタイム差-0.5と、G1戦にしては時計は若干物足りないが、馬場差を考えれば及第点は与えられる。

逃げたのは、大方の予想通りマイスタイルで、前半800m47.2秒-後半800m45.8秒のスローペース。
この半マイルのラップは、2000年以降で2番目に遅いラップで、それ以前に遡っても、これより遅かったのは3件しかない。レースレベルとしては高くない。勝ったインディチャンプは別にして、それ以下の馬たちはどんぐりの背比べといったところか。

勝ったインディチャンプは、ゲート抜群ですぐに好位を取り切ると、道中は内で脚を溜めつつ、直線は馬場の真ん中から抜け出してきた。スパートしたのは残り1Fあたりで、テン乗りの池添騎手もよくあそこまで我慢できたなと感心しきりである。
インディチャンプを無印にしたのは、時計勝負に強いスピードタイプなので、今の京都芝のコンディションは合わないと思ったからだったが、あそこまでの強さは計り切れなかった。本当に申し訳ありません。

1番人気×ダノンプレミアムは、こちらもスピードタイプで、今回の馬場コンディションで2着を確保するのだから、力は証明できた。
ただ、前述の通りレースレベルは高くないので、次走以降も取り扱いは慎重に。

◎カテドラルは、直線で何度かぶつけられそうになったり、進路が狭くなったりしながら、上がり最速33.4秒で6着だから、重賞でも通用することは証明できた。
とはいえ、相変わらずテンに遅くてポジションが取れない。人気になったら買いたくない。




コントレイル 驚異的な強さでクラシック候補No.1/東スポ杯2歳S

土曜の東京で行われた東スポ杯2歳Sは、1番人気の△コントレイルが驚異的なレコードで、5馬身差の圧勝。

馬場差-2.3で、レースタイム差-4.0。

日曜の東京芝はかなり時計が速かったが、東スポ杯2歳Sのレースタイム差-4.0は尋常ではない速さである。

◎マイネルデステリョのペースは、前半800m47.1秒-後半800m45.7秒のスローペースで、レースの上りが33.9秒の瞬発力勝負。

勝った△コントレイルは、このペースで2着○アルジャンナに5馬身差だから、力が違いすぎる。G3戦では役不足とでも言わんばかりの圧勝で、一気にクラシック候補へ名乗りを上げた。

◎マイネルデステリョは、このラップだと切れ負けしてしまう。
前走の未勝利戦のようなハイペース消耗戦に持ち込むかと思ったが、2歳馬の3戦目では仕方ない。次走以降に期待したい。

次走の注目馬・スワーヴアラミス(福島民友C・福島ダ1700m)

日曜 福島第11R 福島民友C・ダ1700m 3着スワーヴアラミス

日曜の福島ダートはかなり時計がかかっており、福島民友Cもレースタイム差+0.9と時計が遅かった。
勝った◎マイネルユキツバキがスピードランク11位で、2着×プレスティージオが同7位。スピードランク1位のリテラルフォースが14着、同2位で1番人気の▲ショームが10着だから、時計勝負に強いスピードタイプには厳しかった。

そんな中、スピードランク4位だったスワーヴアラミスは、コンマ2秒差の3着。
これなら時計が速いコースに替われば、巻き返しは必至だろう。

2歳戦の注目馬はコントレイル・アルジャンナ/東スポ杯2歳S(東京芝1800m)

先週の2歳戦で、もっとも見どころがあったのは、前述した東スポ杯2歳Sである。

勝った△コントレイルはもちろん、2着の○アルジャンナも良かった。
△コントレイルには5馬身差をつけられての完敗だったが、○アルジャンナも3着以下には4馬身差をつけており、これは勝ち馬が強すぎただけで、こちらも重賞級であることには違いない。

今回が8頭立てで、新馬戦が5頭立てと少頭数のレースばかりなので、多頭数でもまれたときどうかは未知数だが、今後も注目していきたい1頭である。


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA