【弥生賞】サトノフラッグ 少頭数で流れが落ち着けば力通用

   2020/03/08

こんばんわ、ウキョーです。
頭数は落ち着いて、重賞勝ち馬はブラックホールだけと低調メンバーに見えますが、ここから羽ばたく可能性を持つ若駒が集まり、クラシックへ向けて注目の一戦となりそうです。

中山芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 サトノフラッグ
2
2 エンデュミオン
3
3 パンサラッサ  
4
4 オーロアドーネ
5
5 ブラックホール × × ×
6
6 ウインカーネリアン
7 メイショウボサツ
7
8 ワーケア
9 アラタ × × ×
8
10 オーソリティ ×
11 ディヴィナシオン

【軸推奨馬】
◎ 1番サトノフラッグ
○ 8番ワーケア
▲ 2番エンデュミオン
△ 7番メイショウボサツ
× 4番オーロアドーネ

◎サトノフラッグは、レースタイム差-3.2の高速決着となった未勝利(東京芝2000m)を勝ち、同-0.8の1勝クラスを連勝と、重賞メンバーに入ってもスピード負けはしない。スローペースだった前走で3馬身差と圧勝と、オープンに昇級しても遜色ない力を見せた。コース得意の武豊騎手が鞍上なら、ここでも勝ち負けになる。

○ワーケアは、レースタイム差+0.5の新馬(東京芝1800m)勝ち、同-0.9のアイビーS勝ちに続き、同-0.3のホープフルSで3着好走と、現状では高速決着になると未知数。だが、時計がかかっている今の中山芝なら問題ない。ホープフルS自体は、G1としては低評価だが、伸びしろという点は期待できる。

▲エンデュミオンは、前走のあすなろ賞(小倉芝2000m)で想定外の惨敗を喫したが、「馬場の悪い内を走らされてやる気がなくなった」という陣営のコメントを、とりあえずは信じよう。実際、レースタイム差-2.1で未勝利を勝っているように、時計は速い方がいい。

△メイショウボサツは、なるべく時計がかかってほしい。×オーロアドーネは、逆に時計が速くなって連対圏。

阪神メインの大坂城Sの予想はこちら→(◎1番フランツ)
中京メインのトリトンSの予想はこちら→(◎1番ミエノウインウイン)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA