予想

【日本ダービー】サリオス 皐月賞の雪辱は大舞台で晴らす

こんばんわ、ウキョーです。
皐月賞を見る限り、コントレイルとサリオスの2頭が抜けていましたね。3着以下の馬たちの巻き返しは、かなり厳しいのではないでしょうか。
かといって、京都新聞杯もプリンシパルSも皐月賞敗退組の巻き返しで、青葉賞勝ちのオーソリティは回避しましたから、別路戦組も狙いづらいところです。

東京芝2400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 サトノインプレッサ × ×
2 アルジャンナ ×
2
3 ワーケア
4 レクセランス ×
3
5 コントレイル
6 ヴェルトライゼンデ
4
7 ブラックホール × ×
8 ビターエンダー
5
9 ダーリントンホール ×
10 コルテジア
6
11 ガロアクリーク ×
12 サリオス
7
13 ディープボンド
14 マイラプソディ ×
15 サトノフラッグ
8
16 マンオブスピリット
17 ヴァルコス
18 ウインカーネリアン ×

【軸推奨馬】
◎12番サリオス
○ 5番コントレイル
▲17番ヴァルコス
△ 3番ワーケア
× 8番ビターエンダー

◎サリオスは、レースタイム差-1.8の超高速決着となった朝日杯FSが高評価。1000m通過57.2秒というハイラップを3番手追走から後続に2馬身半差。この強さは、コントレイルが相手でもまったく見劣らない。前走の皐月賞では半馬身及ばなかったが、距離延長で逆転できる余地は残っている。

○コントレイルは、レースタイム差-4.0という驚愕のタイムで制した東スポ杯2歳を高評価。前半800m47.1秒のスローペースだったが、2着以下を5馬身離した瞬発力は並大抵ではない。ここもスローペースが見込まれ、瞬発力勝負になれば2冠達成は十分ある。ただ、サリオスとはほぼ互角の力。それなら1番人気の同馬は対抗に回す。

▲ヴァルコスは、一線級との対戦もなく、重賞勝ちもない。前走の青葉賞では、ホープフルSと弥生賞を負けているオーソリティに敗れており、実績面では遥かに及ばない。それでもレースタイム差-3.9の青葉賞2着は、抜群のコース相性の可能性あり。それでも一縷の望みだろうか。

△ワーケアは、なるべく時計がかかってほしい。×ビターエンダーは、コース得意の津村騎手の手腕に期待。

京都準メインの安土城Sの予想はこちら→(◎15番ディアンドル)
東京最終の目黒記念の予想はこちら→(◎8番アフリカンゴールド)




競馬ランキング応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA