【ローズS】クラヴァシュドール 初重賞制覇でいざ本番へ

 

こんばんわ、ウキョーです。
土曜日の中京芝は時計が速くなっていました。豊明では雨も降らないようなので、同じような馬場コンディションだとすると、1分58秒台の決着もありそうです。

中京芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 リアアメリア
2 フィオリキアリ ×
2
3 フアナ
4 ヤマニンプティパ × ×
3
5 リリーピュアハート
6 セウラサーリ ×
4
7 ウーマンズハート ×
8 オーマイダーリン
5
9 クラヴァシュドール
10 アブレイズ ×
6
11 アカイイト
12 チャイカ
7
13 ムジカ ×
14 シャレード
15 デゼル
8
16 シャムロックヒル
17 エレナアヴァンティ × ×
18 ラインオブダンス ×

【軸推奨馬】
◎ 9番クラヴァシュドール
○15番デゼル
▲ 1番リアアメリア
△ 3番フアナ
×14番シャレード

◎クラヴァシュドールは、相性の良いコースのトータル成績が【1 1 1 1】で、掲示板を外したことは一度もない。馬券圏外も桜花賞4着だけなら、実績面では申し分ない。また、スピードランク3位で、時計勝負になりそうなのも好材料。コース得意のM・デムーロ騎手で待望の2勝目をあげ、本番のデアリングタクトに挑みたい。

○デゼルは、2走前のスイートピーSが圧巻。レースの上り11.4秒-10.9秒-11.2秒という瞬発力勝負の中、32.5秒という驚愕の末脚を披露。ここも確固たる逃げ馬がおらずペースは上がらないだろうから、得意の瞬発力を生かせそう。ただ、上りがそれほど速くならない中京芝2000mで、同じようなレースができるか懸念材料で、対抗まで。

▲リアアメリアは、3歳になってから結果が出ていないため、戦績項目でもタイム項目でも評価はできない。それでも、今回は有利枠を引き、鞍上はコース得意の川田騎手なら、展開も向いてくる。休養前のオークスでは、今回のメンバーでは最先着の4着なら好勝負も可。

△フアナは、なるべく時計がかかってほしい。×シャレードは、逆に時計が速くなって連対圏。

中山メインのラジオ日本賞の予想はこちら→(◎16番ハヤヤッコ)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA