ゼーヴィントこの勝利だけでG1云々は早すぎる【七夕賞のタイム分析】

   2017/07/12

こんばんわ、ウキョーです。
先週は、七夕賞もプロキオンSも締まった流れとなって、両方ともなかなか面白いレースになりました。

各開催場の馬場差

7月8日(土)
   福島 芝 -0.6
   福島ダート +0.2
   中京 芝 -3.5
   中京ダート -2.2
   函館 芝 -2.6
   函館ダート -0.5
7月9日(日)
   福島 芝 -1.1
   福島ダート +0.9
   中京 芝 -3.9
   中京ダート -2.2
   函館 芝 -2.3
   函館ダート -1.0

※馬場差:当日の全レースを対象にしたタイム差。マイナスなら時計の速い馬場、プラスなら時計のかかる馬場。

先週の福島は、馬場が回復して芝の時計がかなり速くなっていた。ダートも、土日ともに時計が速かった。

中京も馬場が回復すると、一気に時計が速くなって高速決着の連続となった。

函館もまだまだ時計が速いままで、芝もダートも時計勝負に対応できない馬たちは馬群に沈んだ。

ゼーヴィントこの勝利だけでG1云々は早すぎる/七夕賞

七夕賞は、同馬主の僚馬フェイマスエンドの援護射撃を得た×ゼーヴィントが快勝。

馬場差-1.1で、レースタイム差-1.4。

福島芝2000mはそもそも時計が速いコースなので、レースタイム-1.4となると、かなりの高速決着といえる。
勝った×ゼーヴィントがスピードランクトップで、2着◎マイネルフロストが同3位である。同2位の△フェルメッツァも、コンマ4秒差の5着に頑張った。

レースは、フェイマスエンドマルターズアポジーに競りかけると、1F~2Fのラップが12.0秒-10.5秒というスプリント戦並みのハイラップ。

そこからもペースが落ち着くことなく、3角あたりで◎マイネルフロストが動くと、1400m通過81.6秒のハイペース。
ラスト1Fで12.9秒を要すという、かなりタフなレースとなった。

×ゼーヴィントは、このペースとこの時計で勝ち切れたのは今後の糧となるだろう。
しかし、今回に限っては、ここで賞金を加算しておかないとレースを選べない事情もあってか、マルターズアポジー潰しのチーム戦となった。

今後、援護射撃なしでどこまで力を発揮することができるか、次走が試金石になる。

×ゼーヴィントより評価したいのが、2着の◎マイネルフロストである。

1000m通過58.0秒のハイペースを追いかけて、さらに自ら動いて後続に脚を使わせると、ラスト36.7秒でまとめて3/4馬身差の2着である。
あの仕掛けでは最後までもたないと思って見ていたら、最後の最後に×ゼーヴィントに差されたが、もっとも強い競馬をしている。


キングズガード苦手の左回りも克服/プロキオンS

プロキオンSは、◎キングズガードが、1番人気○カフジテイクを押さえて初重賞制覇を成し遂げた。

馬場差-2.2で、レースタイム差-1.1。

時計が出る馬場だった割には、プロキオンSはレースタイム差-1.1まで。
中京ダ1400mはかなり時計が遅いコースなので、レースタイム差-1.1では基準タイムぎりぎりで、重賞としては物足りない。

レースは地方馬トウケイタイガーが引っ張る展開で、600m通過34.2秒のハイペース。
レースの上がり3Fが36.9秒と時計を要しており、七夕賞に負けず劣らずタフなレースとなった。
とはいえ、レースタイム差は平凡で、この日に行われた全鞍のなかで、プロキオンSのレースタイム差がもっとも遅かった。

評価が難しいが、勝った◎キングズガードは、ここまで結果を出せなかった左回りで勝てたことは、今後へ向けて大きな糧となるだろう。
あとは、距離への融通性があれば大きなところも狙えるが、現時点では1400mでこそ。

2着○カフジテイクは、いつもよりポジションを取りにいった分、最後の最後は切れ負けしての2着。

この結果を収穫アリと捉えるか、それともやっぱり後方から大外ぶん回しで切れ味を引きだすいつもの戦法の方が良かったと捉えるか。
個人的には、いつもような大外ぶん回しのスタイルの方が良いと思う。
鞍上の福永騎手は「今までできなかったことができた収穫ありのレースだった」と言っているが、それだと今回のように取りこぼしが増えそうだ。

2番人気の×アキトクレッセントは、またしても重賞の壁に跳ね返された。
時計勝負に強いタイプだけに、もっと時計が速くなってくれないと重賞では厳しいのかもしれない。

重賞の壁にぶつかっているのは、▲ベストマッチョも同じ。
1~3Fのなかで10秒台のラップが含まれてしまうような重賞のペースだと、そこで置かれてしまう。
もまれると気を悪くするタイプなだけに、これが致命傷になっている。
場慣れしないと、今後も厳しいレースが続きそうだが、ペースに慣れて前に行くことさえできれば粘りは違ってくるだろう。

2歳戦の注目馬はコスモジョーカー/未勝利戦(福島ダ1150m)

先週の2歳戦で、もっとも見どころがあったのは、日曜の福島第1Rに行われた新馬戦(ダ1150m)である。

馬場差+0.9で、レースタイム差-0.2。

日曜の福島ダートはパサパサの良馬場で時計がかかっていた。
この日のダート戦は4鞍組まれていたが、レースタイム差がマイナスになったのはコスモジョーカーが勝った2歳未勝利戦だけだった。

とはいえ、そのレースタイム差は-0.2なので、時計そのものにはそれほどの価値はない。
ただ、唯一のマイナスレースが2歳戦だったということは評価できる。

勝ったコスモジョーカーは、前走のデビュー戦(東京ダ1400m)を800m通過48.2秒のハイペースを逃げ粘って2着。

2戦目での勝ち上がりとなったが、この時計だと芝転向は厳しそうで、ダートならの条件付きで、昇級しても。

次走の注目馬・マイネルフロスト(七夕賞・福島芝2000m)

日曜 福島第11R 七夕賞・芝2000m 2着マイネルフロスト

七夕賞のタイム分析でも書いたとおり、次走の注目馬は◎マイネルフロスト

あのペースを自ら動いて粘り切るのだから、平坦コースだと真価を発揮できる。
とはいえ、毎日杯(阪神芝1800m)勝ちに、ダービー(東京芝2400m)3着の実績もあり、平坦だけには限らないはずで、今後も重賞戦線での活躍が期待できる。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA