予想

【アイビスSD】ヴェントヴォ―チェ 衝撃的な強さだった春雷Sを信じてみたい

こんばんわ、ウキョーです。

開幕の新潟芝は、やっぱり速かったですね。馬場差-2.0だから、時計勝負に対応できないと無理ゲーでしたね。

アイビスSDも高速決着濃厚で、速い時計に対応できるスピードタイプに分がありそうです。

スピードランク上位馬は、ヴェントヴォ―チェパーティナシティオールアットワンスマウンテンムスメアヌラーダプラです。

新潟芝1000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ライオンボス
2 トウショウピスト × × ×
2
3 オールアットワンス
4 スティクス × ×
3
5 ロードベイリーフ ×
6 マリアズハート
4
7 キタイ × ×
8 マウンテンムスメ
5
9 パーティナシティ
10 ジュニパーベリー
6
11 アヌラーダプラ ×
12 トキメキ
7
13 ヴェントヴォ―チェ
14 オヌシナニモノ ×
15 クリスティ ×
8
16 ビリーバー ×
17 シンシティ
18 レジェ―ロ

【軸推奨馬】
◎13番ヴェントヴォ―チェ
○ 8番マウンテンムスメ
▲ 9番パーティナシティ
△17番シンシティ
×16番ビリーバー

◎ヴェントヴォ―チェは、前々走の春雷Sが好内容。レースタイム差-1.2の高速決着、ラスト2F11.3秒-11.1秒の加速ラップを差し切って、後続に3馬身差である。とにかくスピードが抜けている。重賞メンバーに入っても速さ負けはしないし、千直は、3歳時に勝利している舞台。前走は小回りが合わなかったことにして、改めて見直したい。

○マウンテンムスメは、前走のUHB杯がレースタイム差-1.2の高速決着を逃げ切ってオープン入り。昨秋のルミエールADは、1勝クラスを勝ったばかりの格上挑戦で、48キロの軽量が利いたとはいえ4着好走。力をつけた今なら、重賞でも通用する。

▲パーティナシティは、2年ぶりの芝レースとなるが、相性の良いコースでは【1 0 1 1】で掲示板を外したことは一度もない。新潟芝1000mはダートからの転戦で好走が目立つので、同馬にもチャンスはある。

△シンシティは、なるべく時計がかかってほしい。×ビリーバーは、コース得意の杉原騎手の手腕に期待。

札幌メインのクイーンSの予想はこちら→(◎8番ラヴユーライヴ)


応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA