【予想】ニシノデイジー 重賞2勝馬なのに人気なさすぎ【ホープフルSの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
唯一の重賞勝ち馬、しかも重賞を2個勝っているのに、ニシノデイジーが1番人気じゃないんですね。ビックリです。

 
中山芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 ニシノデイジー
2
2 ブレイキングドーン × ×
3
3 キングリスティア
4
4 ヒルノダカール ×
5 サートゥルナーリア × ×
5
6 ハクサンタイヨウ × ×
7 ミッキーブラック ×
6
8 アドマイヤジャスタ ×
9 ジャストアジゴロ
7
10 マードレヴォイス ×
11 ヴァンドギャルド ×
8
12 タニノドラマ
13 コスモカレンドゥラ ×

【軸推奨馬】
◎ 1番ニシノデイジー
○ 9番ジャストアジゴロ
▲ 3番キングリスティア
△ 8番アドマイヤジャスタ
× 6番ハクサンタイヨウ

◎ニシノデイジーは、札幌2歳S(札幌芝1800m)、東スポ杯2歳S(東京芝1800m)と、レベルが高かった2戦を勝ち切っており、ここでは明らかに実績上位。にもかかわらず、ヘタすれば3番人気という状況なら積極的に買いたい。とくに、前走の東スポ杯では、レースタイム差-1.9の高速決着にも対応しており、成長度も完成度も抜けている。重賞3連勝で、来年のクラシックへ弾みをつける。

○ジャストアジゴロは、前走の未勝利戦(東京芝2000m)がレースタイム差-1.8の高速決着で、そのときの2着馬もすでに勝ち上がっている。その未勝利戦は抜け出してからソラを使っていたので、混戦になりそうな重賞の方が集中力は持続しそう。スローの瞬発力勝負しか経験していないので、それほどペースが上がらなそうなメンバー構成もアドバンテージ。

▲キングリスティアは、前走の新馬戦が凄かった。レース自体はスローペースだったが、2F目からすべて12.5秒以下の淀みないラップで、レースタイム差は-3.2の超高速タイムだった。ローテーションが厳しい分、単穴評価に落としたが、その潜在能力は計り知れない。

△アドマイヤジャスタは、なるべく時計がかかってほしい。×ハクサンタイヨウは、すんなり先手が条件。

 
阪神メインのベテルギウスSの予想はこちら→(◎2番ジュンヴァルカン)


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA