【予想】サンライズソア 全項目満点でチャンピオンズCへ向けて負けられない【JBCクラシックの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
京都のダートは速いままですので、ここも時計勝負に強いスピードタイプを選びたいところです。
人気になりそうなケイティブレイブはスピードランク12位なので、鞍上福永騎手が考えて乗らないと厳しいかもしれません。

 
京都ダ1900mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 センチュリオン ×
2 タガノゴールド × ×
2
3 シュテルングランツ ×
4 サンライズソア
3
5 アスカノロマン
6 マイネルバサラ ×
4
7 サウンドトゥルー ×
8 ケイティブレイブ ×
5
9 ノンコノユメ
10 テイエムジンソク
6
11 カツゲキキトキト ×
12 アポロケンタッキー
7
13 オールブラッシュ
14 オメガパヒューム
8
15 テーオーエナジー
16 クリソライト ×

【軸推奨馬】
◎ 4番サンライズソア
○12番アポロケンタッキー
▲15番テーオーエナジー
△14番オメガパヒューム
× 8番ケイティブレイブ

◎サンライズソアは、相性の良いコースのトータル成績が【2 1 2 1】で、掲示板を外したのは3走前のブリリアントS(東京ダ2100m)14着だけ。そのブリリアントSはゲート内で立ちあがったときにスタートをきられ、流れに乗れずじまいだったもの。本来ゲートは悪くなく、すんなり出れば平安S(京都ダ1900m)のように鑑賞できる力はある。今回は有利枠を引けたので、多少の出負けならリカバリーは可能。

○アポロケンタッキーは、相性の良いコースで【4 2 0 2】の安定感。掲示板を外したのは3歳時の青竜S(東京ダ1600m)9着と、トップハンデを背負ったブラジルC(東京ダ2100m)10着。前走の日本TV盃(船橋ダ1800m)ではケイティブレイブに完敗だったが、時計が速くなる京都ダ1900mに舞台を移せば逆転は可能。

▲テーオーエナジーは、3歳でキャリアは浅いものの、相性の良いコースで【1 1 1 0】なら問題ない。前走のグリーンチャンネルC(東京ダ1400m)では14着に大敗しているが、相性の悪いコースなので、今回に限っては強材料。スピードランク3位と、このメンバーに入っても時計は通用する。

△オメガパヒュームは、とにかく時計が速くなってほしい。×ケイティブレイブは、逆に時計がかかってほしい。

 
東京メインのアルゼンチン共和国杯の予想はこちら→(◎8番ルックトゥワイス)
京都準メインのJBCスプリントの予想はこちら→(◎15番テーオーヘリオス)
京都最終のJBCレディスの予想はこちら→(◎9番サルサディオーネ)


応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA