【アンドロメダS】アドマイヤビルゴ 高レベルの若葉賞勝ちから一気に重賞戦線へ

 

こんばんわ、ウキョーです。
先週の阪神は、ダートは時計がかかっていましたが、芝は高速決着を連発していました。

阪神芝2000mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 リープフラウミルヒ ×
2
2 フランツ
3 カセドラルベル
3
4 アメリカズカップ ×
5 ディアンドル ×
4
6 レイホーロマンス ×
7 ナイママ × ×
5
8 パンサラッサ
9 ブレイキングドーン × ×
6
10 サトノワルキューレ ×
11 アドマイヤビルゴ
7
12 サトノクロニクル
13 ワイプティアーズ
8
14 クラージュゲリエ
15 コスモカレンドゥラ

【軸推奨馬】
◎11番アドマイヤビルゴ
○ 3番カセドラルベル
▲ 2番フランツ
△ 8番パンサラッサ
×12番サトノクロニクル

◎アドマイヤビルゴは、今春の若葉S勝ちが高評価。レースタイム差-3.3の時計もさることながら、3歳春の時点で、その高速決着のなかで上がり33.6秒という瞬発力。これは、皐月賞のダイワメジャーや、毎日杯のクロフネに匹敵する。消耗戦となった京都新聞杯で4着に負けているように、今の阪神芝は合っている。ここを勝って、重賞戦線へ。

○カセドラルベルは、今回のメンバーではスピードランク1位。とにかく時計が速い今の阪神芝コンディションはバッチリだろう。前走の京都大賞典は、一線級を相手に初の2400mという不利な条件が重なる中、10着とはいえコンマ7秒差だから、オープンでもめどは立ったと言っていい。今回は有利枠を引き、鞍上はコース得意の松山騎手。オープン特別なら好勝負。

▲フランツは、相性の良いコースのトータル成績が【2 2 0 2】で、掲示板を外したのは3歳時の京都新聞杯(京都芝2200m)10着だけ。時計勝負に強いスピードタイプで、稍重馬場で行われた前走のオクトーバーS6着は酌量の余地あり。ハイペースの消耗戦にさえならなければ、自身の上りは使えるタイプ。今回のメンバーならチャンスあり。

△パンサラッサは、なるべく時計が速くなってほしい。×サトノクロニクルは、気難しさが出てきているので初シャドーロールに期待。

東京メインの奥多摩Sの予想はこちら→(◎3番カルリーノ)




競馬ランキング応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA