予想

【ジャパンC】ハーツイストワール 重賞未勝利でも今回のメンバーならチャンスあり

こんばんわ、ウキョーです。

日本の古馬G1勝ち馬がシャフリヤールだけという低調なメンバーですが、なかなか見ごたえのあるメンツが揃ったと思います。

土曜の東京芝は馬場差-1.3と、最終週とは思えない高速馬場でした。明日は、多少時計がかかってくることはあっても、時計は速そうです。

スピードランク上位馬は、シャフリヤールヴェラアズールハーツイストワールヴェルトライゼンデシムカミルです。

東京芝2400mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 シムカミル ×
2 オネスト
2
3 ヴェルトライゼンデ
4 トラストケンシン × × × ×
3
5 グランドグローリー
6 ヴェラアズール
4
7 テュネス
8 デアリングタクト
5
9 ユニコーンライオン ×
10 ハーツイストワール
6
11 カラテ
12 シャドウディーヴァ × ×
7
13 テーオーロイヤル
14 ダノンベルーガ
15 シャフリヤール
8
16 リッジマン × ×
17 ユーバーレーベン
18 ボッケリーニ

【軸推奨馬】
◎10番ハーツイストワール
○15番シャフリヤール
▲14番ダノンベルーガ
△ 8番デアリングタクト
× 6番ヴェラアズール

◎ハーツイストワールは、相性の良いコースで【3 1 0 1】の安定感。重賞実績はないが、掲示板を外したことは一度もない。今回のメンバーに入ってもスピードランク3位と、時計はここでも通用する。前走のアルゼンチン共和国杯は、直線で不利がありながら2着好走。実績は劣るが、低調メンバーのここならチャンス十分。

○シャフリヤールは、相性の良いコースのトータル成績が【3 0 2 0】で、5戦すべてが馬券圏内。ダービー勝ちの実績は、今回のメンバーでは一枚も二枚も上。前走の天皇賞(秋)は、英国遠征帰りの叩き台。それでいてコンマ6秒差の5着なら上々。狙いすましたここで本領を発揮する。

▲ダノンベルーガは、2キロ軽い斤量が魅力。さらに今回は有利枠を引き、鞍上はコース得意の川田騎手なら展開も向いてくるはず。大金星があっても驚けない。

△デアリングタクトは、なるべく時計がかかってほしい。×ヴェラアズールは、逆に時計が速くなって連対圏。

阪神最終の京阪杯の予想はこちら→(◎10番サンライズオネスト)


応援よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA