【予想】レッドオルガ 右回りでも牝馬戦なら力互角【阪神牝馬Sの予想】

 

こんばんわ、ウキョーです。
ラッキーライラックが買いたかったのですが、本命はレッドオルガになりました。右回りだけど、大丈夫かな……。

阪神芝1600mのコースデータはこちら→

※タ=タイム 戦=戦績 展=展開 騎=騎手 コ=コース特性
馬名
1
1 サラキア
2
2 ワントゥワン
3
3 サトノワルキューレ
4 ラッキーライラック
4
5 クロコスミア ×
6 カンタービレ  
5
7 リバティハイツ × ×
8 ミッキーチャーム
6
9 メイショウオワラ
10 レッドオルガ
7
11 ダイアナヘイロー ×
12 ミエノサクシード   ×
8
13 ベルーガ ×
14 アマルフィコースト

【軸推奨馬】
◎10番レッドオルガ
○ 1番サラキア
▲ 4番ラッキーライラック
△ 2番ワントゥワン
× 5番クロコスミア

◎レッドオルガは、相性の良いコースで走ったことが一度もないが、阪神マイルは戦績項目の優先順位が高くないので、相性の悪いコースで【0 0 1 1】なら問題ないだろう。阪神芝1600mは時計がそれほど速くないので、スピードランク6位の同馬にとってはちょうど良い。有利枠も引けた今回は、いよいよ重賞初制覇のチャンス。

○サラキアは、レースタイム差-0.7のローズS(阪神芝1800m)で2着、同-1.0の秋華賞(京都芝2000m)4着だったが、レースタイム差+1.4の京都金杯(京都芝600m)で7着敗退。時計が速い方が良いので、本質的には阪神マイルは合わないが、有利枠とコース得意の鞍上池添騎手で相殺したい。

▲ラッキーライラックは、前走の中山記念(中山芝1800m)でハイペースを2番手追走から粘り込む強い競馬で、牝馬戦なら明らかに力上位。その中山記念も含め、相性の良いコースでは【2 2 0 0】の安定感。アーモンドアイと好勝負を繰り広げた実績はダテじゃない。

△ワントゥワンは、有利枠を利した展開待ち。×クロコスミアは、とにかく時計がかかってほしい。

中山メインのニュージーランドTの予想はこちら→(◎7番ココフィーユ)
福島メインの吾妻小富士賞の予想はこちら→(◎10番ディアサルファー)



応援よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA